随談第568回 一月の人物誌-梅之助・鶴蔵・春団治・前田祐吉・榎本喜八、一転して琴奨菊

梅之助逝去を伝えるのに、「遠山の金さん」などでおなじみの俳優中村梅之助さんが亡くなりました、という相変わらずのテレビ報道のスタンスには今更驚きもしないが、これはテレビとはそういうものであるとテレビ局自身が、ということはテレビ人種という人類が揺るぎなく考えていることの現われと見るべきであろう。しばらく昔になるが芥川也寸志逝去の折の報が「大河ドラマ『赤穂浪士』のテーマ曲でお馴染みの芥川也寸志さんが亡くなりました」であったから、仮にいまベートーベンが死んだとすると「『エリーゼのために』でお馴染みの作曲家ベートーベンさんが亡くなりました」というニュースになるわけだ。

それにしても、並のワイドショーならまだしも、TBSでも看板番組に相違ないかの『サンデーモーニング』でさえ、遠山の金さんから切り出したのはともかく、司会者の原稿の読み方が胡乱で、うっかりすると梅之助が前進座の創立者であるように聞いた人がいたかもしれないようだったのは、要するに知識も用意もまるでなしに読んだが故なのだろう。ほんの二、三秒の言い淀みの揚げ足を取るのではない。関口宏氏が名司会者(といっていいであろう)たる所以は、インテリぶりといい、世上の事どもに対する知識や見識、如才なさと骨っぽさの混じり具合等々、すべてが「中の上」という程のよいところでバランスよく整っているために、何事にもニュートラルな対応が出来るところにあると見ているが、つまり当節の中高年男性の質の良いところの備えている「常識」というものが如何なるものであるかを、この関口氏のヘマははしなくも物語っているかのようだ。前進座第二世代の代表として、芸の上でも座の運営の上でも、前進座の担い手であり顔であった中村梅之助も、要するに「遠山の金さん」の「これにて一件落着」というセリフで有名なあの人、であり、「前進座」とかいう劇団みたいなところの創立者だか何だか(?)でもあるらしい・・・といった辺りが、当節の中高年ジェントルメンの持ち合わせている「梅之助認識」であるということであろう。そもそも番組としての扱いもおざなり臭かった。要するに、知らない、のだ。ということは、「関心外」なのだ。かの「サンデー・モーニング」にしてなお、である。

(梅之助はそれでも「金さん」があったからまだいい。先年亡くなった安井昌二など、「新派の重鎮」だけでなく、かつては映画俳優として『ビルマの竪琴』という有名作の主役としての経歴もあるにもかかわらず、当節のマスコミ人には『ビルマの竪琴』といえば市川崑監督で石坂浩二のやったリメーク版であり、同じ頃に死んだ宇津井健なら知っているが、安井昌二などと言っても、ハア?といったとこなのだろう。)

         *

鶴蔵が死んだ。訃を聞いたのは暮れの内だったか。舞台に立たなくなってもう何年になるか、俳優協会で出している『かぶき手帖』の俳優名鑑の「市村鶴蔵」の項はもう十年來、私の書いたものが再録されていたが、それもこの一月発行の「2016年版」でお終いということになる。巧いという人ではなかったが、戦前からの歌舞伎を知る人ならではの「役者らしさ」があった。

何と言っても思い出すのは『三人吉三』の八百屋久兵衛だが(大詰に庚申丸と百両の金包みの二品を預かって花道を駆け込むところで、たまたま席を隣り合わせていた水落潔さんが「あんな人にあんな大事なものを預けて大丈夫なんでしょうかねえ」と笑いながら話しかけてきたのが如何にもむべなるかなという感じだった)、昭和46年5月、六代目菊五郎二十三回忌追善興行の歌舞伎座で鶴蔵になった時に、『道行旅路の花聟』に伴内をつとめて、はじめ三段目、つまり「進物場」「喧嘩場」と同じ裃袴で登場、花道付け根ではらりと衣裳が脱げ落ちていつもの湯文字姿になるという型を見せたのが忘れられない。つまり『旅路の花聟』と『仮名手本』三段目との脈絡をつけて見せるという、なかなか味な型なわけで、この型はのちに十代目三津五郎が見せたことがあったが、特に通しで出す場合など、今後も誰かが受け継いで然るべきであろう。ともあれこれで、大正生まれの歌舞伎俳優はいなくなったことになるわけか。

桂春団治についても書いておくべきだろうが、実をいうとこの人について私は語るべきことをあまり持っていない、というより、語るべき資格がないといった方が妥当かも知れない。つまり私が高座に何度か接した頃の春団治は、端正さが取り澄ました気取りと紙一重のような感じで、親しみをもって取りつく隙を与えてくれなかった。黒の羽織に朱色の紐といった一種の気障さと、一針のほころびも見せない完全主義の芸が、正直、まだ固かった。近年の、老熟を感じさせる風格から、いまならまた違う春団治に接しられるだろうと思いながら、落語を聞きに行くという習慣を失ってしまったという不精から、その真骨頂を窺う機会をついに得ないままになってしまった。米朝の上方言葉は東京の客にもわかるように按配した上方弁で、春団治のこそ本来の上方言葉だと教わりながら、そういうものかと思いつつ、遂にこれという機会を得ないままになってしまった。

       *

前田祐吉といっても、ハテ?と首をかしげる人の方が多いだろうが、1960年(つまり安保の年だ)の秋の六大学野球で早慶6連戦ということがあり、そのときの慶應の監督である。つい昨秋、その折の早稲田の監督だった石井連蔵氏が亡くなったときにもこのブログに書いたが、両校監督が相次いで逝ったことになる。こういうことは不思議なほどよくあるもので、よく、後を追うように亡くなった、という言い方をするが、あれから56年、月並みだが、時代が終わったと思わせられるような事態が次々と起る、これもそのひとつということになる。

しかしそういうこと以上に、あの年は、夏前に安保騒動があり、プロ野球では大洋ホエールズが三原監督になって万年最下位から優勝、日本シリーズでも大毎オリオンズに四タテを喰らわせて勝ってしまった年であり(巨人はこの年が水原監督の最後の年、翌年から川上監督になる端境期で、およそパッとしなかった)、大相撲はこの年5月場所で栃錦が引退し、その1月場所に大鵬が新入幕(3月場所で栃錦・大鵬戦というのが一回だけ行われている)、柏鵬の対戦が人気随一になった最初の年であり、という風に、何かにつけ、同じ「戦後」でも、昭和20年代以来の匂いがなくなって、「第二期戦後」とでもいうような時代の匂いが充満し始めた、分水嶺の年であったような気がする。私はちょうど大学に入学した年でもあったから、我が身と重ね合わせて、56年という歳月の果て、前田・石井の早慶両監督の死が相次いだことに感慨を覚えるのだろう。

          *

つい先頃、工藤公康、斎藤雅樹と言った面々が野球殿堂入りしたというニュースの中に、榎本喜八も殿堂入りというのがあってエーッと思った。まだ殿堂入りしていなかったのか、という驚きである。殿堂入りのための規定というのが、毎回、殿堂入りの記事に添えられているので凡そのことは知らないわけでもないのだが、何だかややこしいルールがあってびしっと頭に入っていない。とに角、榎本ほどの名選手がまだ殿堂に入っていなかったというのは不思議という他はない。ご当人はもう故人であって、直接その喜びを知ることはないままである。

変人だとかなんとか言われていたようだが、要するにそれはかつての剣豪小説の人物のような求道のため故の変人ぶりであって、いまのイチローだって相当の変人であるらしいのと同じことだ。人気のない時代のパ・リーグを代表する強打者として、南海ホークスの野村克也と双璧であろう。違うのは、大監督だの名監督などに間違ってもならない生き方にある。

三ノ輪に東京スタジアムが出来て阪急=大毎戦というのを見に行ったことがある。真夏のナイターで、歌右衛門と寿海でやった綺堂の『箕輪心中』を見て間もなくだったのをいま思い出したが、つまり地下鉄の日比谷線で南千住の手前の、そんなところにプロ野球の球場が出来たというのでちょいとした話題になった。当時はやりのコンクリート打ちっ放しのような殺風景な感じが、妙に似合っていた。試合経過などはもうまったく覚えていないが、阪急に、黒人選手第一号で人気のあったバルボンがまだ出ていた。その当時だって在日もう10年を越えていたろうから、かなり息長く活躍したわけだ。わが榎本は、パリスという白人選手の強打者と大毎の3,4番を打っていた。この試合でも、どちらかが一本、打ったのではなかったっけ。

      *

訃報がらみの人物誌の最後に琴奨菊のことを書くのは気が差すようだが、妙なつもりは全くない。今場所の相撲っぷりの見事さは既に言い尽くされている通りで,言い足すべきこともない。まさしく気は優しくて力持ち、「おすもうさん」というイメージ通りの人柄があまねく知れ渡ったらしいのも、我ひと共に喜ばしいことだ。

年末に載せた第565回の「BC級映画名鑑」の『名寄岩涙の敢闘賞』にちょいと名前を出しておいたが、栃錦などよりやや先輩だがひと足遅れて大関になった三根山という大関がいた。体つきと言い、がぶり寄りが得意の相撲ぶりといい、琴奨菊をその三根山と重ね合わせて見ることが多かった。あまり強いとは言えなかったが、真面目な土俵ぶりと「おすもうさん」らしい風格とで独特の人気があった。琴奨菊も、いうなら現代の三根山かと見ていたのだが、そういえば三根山も一度優勝している。もっともその場所は上位陣総崩れの乱戦混線模様の中で比較的傷の浅かった三根山が12勝3敗で勝ち残るように優勝したのであったから、今度の琴奨菊の優勝の内容充実とは比較にならない。今場所の「化け」ぶりがもし本物なら、先代の師匠の琴桜が、突如、押しとのど輪の威力がワンランク上がったかのような強さと風格となって二場所連覇して横綱になってしまった先例の再現もあるかもしれないと思わせる。(取りこぼしが多かったので連覇してなお疑問視する声も上がった時、現役の先輩横綱であった北の富士氏が「あんな強い奴を横綱にしないで誰を横綱にするんだ」と言い放ったのが実に痛快だったのを思い出す。)

日本人力士の優勝が10年ぶりというので、普段は大相撲など見向きもしないマスコミが大騒ぎをして、(案のごとく)ナショナリズム偏向と批判も出始めたようだが、私は今度のマスコミのフィーバーぶりは一度通らざるを得ない通過儀礼のようなものだと考えている。以前若貴ブーム前期の頃、貴乃花がまだ完熟に至らず、曙の方が先んじていた一時期があって、ある場所、ようやく貴乃花が曙との決戦に勝てば優勝というところまで行きながら負けてしまい、曙に名を成さしめたということがあったが、その時の表彰式はひどいものだった。テレビの画面に映る向う正面の客席がほとんど空になってしまったのだ。なんたる狭量かと、この時ばかりは、相撲ファンと称する人たちの心なさに唖然、憤然、曙のために義憤を覚えたものだったが、あれからざっと20余年、観客も随分大人になったのは、「小錦黒船説」などが起った頃を思い起こせば、「文明開化」もずいぶんと進んだことがわかる。日本人力士も時には優勝するようになってこそ、いうところの「大相撲国際化」も雨降って地固まるのだ。それにつけても、立役者となった琴奨菊の「おすもうさんぶり」は、さまざまな意味で「値千金」であったといえる。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

随談第567回 新春舞台巡り

明けましておめでとうございます。

大みそかの晩、除夜の鐘でも聞いて静かになろうかと『行く年来る年』なる番組にチャンネルを合せたら、一応しめやかそうに喋る男性アナの長話の最後にゴーンと一突きだけ鐘の音を聞かせたと思ったら、たちまち男女アナの賑やかな掛け合いに変り、今年もいろいろなことがありました、まずこのポーズ、とまたしても五郎丸の例の映像が映し出された。五郎丸もラグビー人気復活も結構だが、もう散々やったではないか。結局NHKは、いやこの国は、百八煩悩を払うことなどどうでもよく、小休みもなくはしゃぎまわって、煩悩ならぬ憂さを紛らせばそれでよい、ということなのだろうか。

などと、いきなりぼやき初めをしてしまったが、新年はまず、四座+一劇場にかかった初芝居の舞台からとしよう。

       ***

見た順にまず、「新春浅草歌舞伎」から。去年から新メンバーになって松也が最年長で30歳、以下巳之助27歳、新悟25歳、米吉と隼人が22歳、国生が一番若くて20歳というのは、過去さまざまの花形たちの例から見てもこの面々だけが殊更若いというわけではない。少年老い易し、急いてはならず、と言って、あまりうかうかしてもいられない。

もっとも、ついまだ子供のように思ってしまうのは、見るこちらも気をつけなければいけないのであって、恒例の開演前の年始ご挨拶に米吉が出てきて、その「トーク」の流暢なこと、機転の利くこと、たとえば『源氏店』の解説に、社長さんが若い女性を住まわせていてそこへやって来たわけあり風の若い男が彼女の元カレだったんです、などとやって程のよい笑いを場内から取っている。聞けばトークショウなどで既に定評があるのだそうだ。イマドキノ若イモンはみな頭がいいのである。(但し、多左衛門は番頭だから社長ではなく専務というべきだろうが。)

だがその頭のいいのが必ずしも芸にプラスとして働くわけではないのが難しいところであって、たとえば『三人吉三』で隼人のお嬢が、花道を出てきて後ろをキッと振り返る顔が男になっている。たぶんこれは台本を読んだ上で自分の解釈でしていることと思われる。『源氏店』でも松也の与三郎が、表で所在なく爪先で小石をもてあそんでいる様子が、いかにもわけありげである。なるほどこれも、台本を「読み抜けば」そういうやり方も成り立ち得るかも知れない。こういう種類の頭の良さは、かつてののほほんとした御曹司たちにはなかったことだろう。皆、真剣で、熱心な研究家なのだ。大切なのは形ではなく「肚」、「性根」であるとかつての先輩たちは説いたが、現代の若手は肚も性根も自分で「研究」してとっくに「わかっている」のかも知れない。だから現代の先輩役者たちは、肚だの性根だのと言う前に、大事なのは「型」である、「手順」であると説くべきなのかもしれない。

以下、ひと口評。『三人吉三』。巳之助のお坊のツラネがまるで時代物だ。様式とはいっても時代に世話あり、世話に時代あり。緩急は根底に意味を踏まえている。たぶん、己之助は分かってはいるのだろう。わかってはいても、「ああなっちゃう」のだろう。

『土佐絵』。内容は「鞘当」だが、清元の踊りにしたところがミソ。不破と名古屋に、留め女が傾城になっている。坂東流にあるものの由。己之助としてはこういう形で出せることを有難いと思わなくては。

『源氏店』。松也の与三郎は声に柔らか味と色気があるのが二枚目としては天性恵まれている。先月の『関の扉』の宗貞でも、ぬーっと立っているだけでサマになっていたのは大したものだったが、与三郎となるとそうは行かないのが世話物の難しいところ。米吉のお富は時蔵に教わった由。初めて見る大人の女の役だが、それなりに役になっているのはエライ。蝙蝠安の国矢は敢闘賞。下女およしの国久ともども澤村藤十郎の門人である。舞台に立てない師に代って気を吐く彼等に声援を送ろう。

『毛抜』。己之助の粂寺弾正。こういう役は精一杯ぶつかれるからか、今の已之助なりに役になっている。体に色気がつくには場数を踏むしかない。10代の頃一時ブランクのあったのが響いているともいえるが、逆に、歌舞伎を疑うことを知らぬ「歌舞伎大好き人間」の知らない「目」を持った(であろう)ところに、期待も楽しみもあるとも言える。

隼人が秦民部などという大人の役でそれなりの貫目を備えているのに驚いた。お嬢吉三とは大違い。昨秋の『おちくぼ物語』といい、この人は立役で大を成すようになるのかも知れない。

『千本桜四の切』。松也の、(取り分け本物の忠信の)役者ぶりはここでもいいが、狐になってからの体が重い。音羽屋型の忠信は、澤瀉屋みたいに派手に跳びはねなくともいいが、ケレンのエッセンスを見せるにはむしろ澤瀉屋以上の身の軽さを思わせる必要がある。

錦之助の上置き役の数々。引率の先生と自ら称する由だが、生徒たちがみなマジメなので大過なく務まっている呑気な先生、といった体。

      ***

歌舞伎座は新聞に書いた通り。補遺という趣旨で幾つか箇条書きにすると、

◆今月の三傑。吉右衛門の梶原。芝雀の梢。東蔵の丈賀。

吉の梶原は今更のようだが、今回取り分け感服した。力みというものが一切ない。芝雀の梢は芝雀の名でつとめる最後の舞台だが、散々やり尽くした娘役で、娘というものはこう務めるのだというところを見せるかのよう。三千歳も、手を氷で冷やしてつとめたという古名優の逸話を思い出させるような、男のことだけを思っている女である。東蔵の丈賀は先代権十郎など前代の丈賀役者の水準を思い出させる。次点として歌六の六郎大夫も今やこの人のもの。

◆今月の推奨。染五郎の直侍。金太郎の秀頼。吉弥の吉田屋おきさ。種之助の『廓三番叟』新造。(もちろん、それぞれのレベルに於いて、の話である。)

染五郎の直次郎は、セリフの声音からして低く苦み走って吉右衛門のよう。いつもの甘い染ちゃんではない。この線で行けば、この作この役を次代まで愉しめる期待が持てる。染五郎は『廓三番叟』の太鼓持ちでも、孝太郎の傾城、種之助の新造という間に太鼓持という役回りで入って程よく納めるところに、端倪すべからざるプロデュース的才覚が窺える。染五郎論を書くなら着目の要あり。

金太郎は背も伸びて、10歳で小学校5年生、上演史上最年少との由。家康にまず一献と盃を差されるのには本当はちと早いわけだが、凛とした風情が立派な秀頼である。幸四郎おじいちゃんが待ち切れないのも無理はない。あの秀頼見たわよ、というのが後世語り草になるであろう。(その頃も歌舞伎が健在ならば、だが。)

吉弥のおきさ。この吉田屋で唯ひとり、正真正銘の上方の女である。

種之助はまだ役どころを定めていない段階だが、兄の歌昇が今度の俣野も推奨ものの好演で、役どころも固まりつつあるようだが、兄の小型になるより今度の役は将来へのひとつのヒントになり得る。

◆幸四郎が夜の部だけ、吉右衛門が昼の部だけの出演というのも、あって然るべきだが、二人に比べれば若いとはいえ、玉三郎が松緑と『茨木』、鴈治郎と『廓文章』と、後輩を引き立てながら、鬼女と傾城と対照的な役をするというのはよい仕事ぶりと言える。もっとも、夕霧は格別として、茨木という役は元来は女形の役と限ったものではないと思うが、かつて歌右衛門も梅幸も芝翫もやったように、女形が食指を動かしたくなる役であるらしい。(雀右衛門はやらなかったが、これも見識である。)しかし小顔の玉三郎は、前ジテの真柴はともかく茨木童子になってからは、小さいお皿に模様を沢山描いたようで、ナンダカナアと呟きたくなる。かつての若き日『紅葉狩』の鬼女をしたのを思い出した。

橋之助が『鳥居前』の忠信と『猩々』で正月役者ぶりを見せる。秋に決まった芝翫襲名の暁、ぜひとも「いい役者」になってもらいたい。『猩々』といえば梅玉はこのひと役だけだが、そういえば今月は、幸・吉だけでなく左団次も魁春も、東蔵も又五郎も、ひと役だけの出演が多い。

       ***

国立劇場の『小春穏沖津白浪』は14年前の復活上演のときは何の感興も感想も覚えのない芝居だったので、その再演と聞いても期待薄だった割には、存外面白かった。座頭格の日本駄右衛門が富十郎から菊五郎へ、小平が菊五郎から菊之助に変ってきびきびとテンポがよくなったのが因。伝奇ものらしい雰囲気が随所にあったのも悪くなかったし、あとは上演台本を切り詰めてテンよく運ぶだけ、と割り切った芝居作りがいい。

と同時に、これは新聞にも書いたが、菊五郎劇団に時蔵父子という水入らずの一座で、大どころから脇役端役に至るまでキャスティングすることが、ことにこういう芝居の場合、絶大の効果を発揮することを如実に証明した。毎月が顔見世みたいな歌舞伎座とひと味、ふた味違った芝居を見せるにはこれに限る。かつて日本映画爛熟時代の東映時代劇や東宝の森繁の社長シリーズが何故面白かったが、進藤英太郎だ山形勲だ、加東大介だ三木のり平だ、その他その他、毎度おなじみの手練れの脇役たちがするべき仕事を当り前のようにし遂げるという、偉大なるマンネリズムにこそ理由がある。マンネリズムというとマイナス面ばかりが言われがちだが、読みを変えればマナリズム、復活物をしこなすにはこれなくしてはあり得ない。『岡崎』だ『伊勢物語』だ、最近の吉右衛門の復活物の成果も、一座と謳ってこそいないが、歌六だ東蔵だ芝雀だ、およびその門人たち、ほぼいつもの顔ぶれで脇役端役がそろっていればこその成果であったと、私は思っている。

       ***

新橋演舞場初春花形歌舞伎。海老蔵、獅童に市川右近という一座形成前々夜みたいな海老蔵軍団ともいうべき顔ぶれで、おととしの傑作『寿三升景清』、昨年の非傑作『石川五右衛門』と乱高下した新作路線から、今年は『車引』に『女男白浪』に『七つ面』という温故知新路線。やや音なし(大人らし)の構えだが、そうなると却って、この面々がそれぞれ抱えている瑕が気になってくる。

海老蔵は、女に化けた弁天娘の容子など、いかにもドラマをはらんで天下一品なのだが、何故かもうひとつ冴え渡らない。長い人生、そういう時期もあらあな、と片づけるにはちょいと気になる。

右近は、このところの年の功でこの軍団に抑えの格で迎えられるだけの、役者ぶりに尾鰭がついてきたのは認めるが、飴玉を頬張ったような口跡の悪さは相変わらず。若い頃に、師の二世猿翁の真似をしたのが癖となり、更に嵩じて第二の天性となったか。こういう「天性」はいただきかねる。獅童は今回はまず無難の口。鷹之資が加わったのは今回だけのことか、それとも今後も同道するのか?

『七つ面』の終いに『幡隨長兵衛』の山村座よろしく書き足して、いま見終った『七つ面』を劇中劇とし、「お坐りを、お坐りを」と舞台番を活躍させて最後に海老蔵が「睨んでご覧入れまする」という趣向。自作自演のようなものだから、今回限りのこういう趣向もありかもしれないが、あまりいただきかねる。見終って全体に印象に薄い今回であった。

       ***

四座+一劇場、と先に言ったのは、三越劇場の新派にこの月から月之助が新派入りしての初春新派公演がなかなかの出来栄えであったことを書いておきたいからだ。

新狂言『糸桜』とは故河竹登志夫さんの『作者の家』から斎藤雅文が劇化・演出したもので、黙阿弥の長女糸女を波乃久里子、養子になる河竹繁俊さんを月之助という配役で、脚本もよく役者もよく、新派といわず演劇界近頃のクリーン・ヒットである。繁俊が河竹家の養子に入り、当主として地歩を固める大震災後までを全6場、駆け足というより、欲張らずにキリリと引き締まった構成で、斎藤雅文という人を、皮肉でも何でもなく見直した。

月之助も嫌みのない素直な演技で好演、波乃久里子はこういうものをさせれば流石というべく、一旦帝劇の作者部屋の人となった繁俊が作者の道を断念すると言い出した時の驚き、呆れ怒り狂うさまなど、さながら17代目勘三郎を目の当たりに見るようだ。(18代目よりよほど似ている。)

もうひとつ書き落とせないのが、こういうものをするときの脇を固める新派の俳優たちの見事さで、腐っても鯛などと言ったら叱られるかも知れないが、そうではなく、まさしく正真正銘の鯛であって、竹柴其水になる佐堂克実、黙阿弥になる柳田豊といったベテランから、女中になる石原舞子・鴫原桂、車屋になる鈴木章生その他その他の中堅から、新派なければ見られない世界を作っている。

というわけで、これを今月のお奨めとする。へたな歌舞伎より実になる面白さを味わえること請け合いである。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket