随談第375回 今月の忌辰録より 花柳小菊・浦里はるみ、それから田浦正巳(修正版)

気がつけば早や月末である。本当は先月だったが、花柳小菊が死に、今月に入って浦里はるみが死んだ。往年の、よき時代の時代劇らしい、むかしの女人の匂いを持った、おとなの女たちである。

花柳小菊は、たしか神楽坂の花柳界から出た人だが、まだ一人前の芸者になる前に十四、五歳でデビューしたのだ、といった生い立ちのことなどを、まだ健在だったころ、「徹子の部屋」にゲストとして出演したときに、語っていたのを思い出す。阪妻や千恵蔵、右太衛門といった戦前派の大物スターの相手役をつとめた、永い経歴があるわけだが、たとえば梅幸が昭和二十四年にはじめて映画出演した『山を飛ぶ花笠』のとき、相手役に選ばれている。歌舞伎俳優の相手役という、普通の映画女優ではちょっと荷の重い役割を託されるというのも、彼女が身に具えている素養を見込まれたのだといえる。いかにも花柳界から出た人ならではのたたずまいといい、細面に柳腰の容姿といい、もう、当世の女優にはまったく失われてしまった女の匂いを持っていた人で、それは、玄人でなければ身に備わることのない種類のものだった。

そういうものを、現代の日本の映画界は、そもそも失ったことすら知らず、従って惜しむことも知らない。従って、というべきか、彼女の訃報の記事は小さかった。小さくとも顔写真が載り、数行なりとも映画女優としての経歴が書き添えてあっただけでも、まだしもとすべきなのかもしれないが、投書欄に、84歳という女性の、映画を見ることが最大の楽しみであった時代、立錐の余地もない座席で花柳さんの美しさに酔い痴れた、貧しい私たちの青春の一ページを彩ってくれた女優さんでしたという投稿が載ったのを以って瞑すべしと思うしかない。

ああした風情をもった女優は、現代のような社会には出現しないであろうから、その意味では、最後の存在といっても過言ではないだろう。訃報を知ったとき、たまたまさる人と「東映時代劇歌仙」と題して文音ならぬメール便で歌仙を巻いていた折でもあったので、次のような一句を物した。短句で、

御高祖頭巾のその柳腰

というのである。紫の御高祖頭巾がいかにも似合う人だったが、柳腰ということでは、もう少し後輩の喜多川千鶴と、先日亡くなった千原しのぶとが三絶であろう。年配からいっても、戦後時代劇のはなやかだった昭和三十年代の作品では、姐御役やお局の役などがイメージとしては多かったが、お局といっても、当今の女優たちの演じる大奥物とはまるで違ったものだった。似て非なるもの、という言葉があるが、似てすらいない。前にも書いた千代之介と錦之助が曽我兄弟になる『富士の夜襲』では、兄弟の母の満江のようなやや老け役に近い役を演じたのも、印象に残っている。

浦里はるみは、新派の出だと聞いたが、当時はまだこちらが新派というものへの認識不足で見ていないから、彼女の舞台の記憶はない。デビュウ当初から大変な貫録の姐御ぶりだったので、年齢を聞いて驚いた記憶がある。悪女が巧い人で、姐御役もさることながら、何といってもいいのはお局役で、これも前に書いたが、昭和三十年の『ふり袖侠艶録』という『加賀見山』に設定を借りた作品で、美空ひばりのお初、千原しのぶの尾上に岩藤を演じたのが大傑作だった。こういうことを言うと笑う人もありそうだが、この三人の役のはまり方というものは、いま思っても、歌舞伎を映画にもどく、「もどき」という観点から見て、当時の娯楽時代劇というものがいかに隅には置けない内容を備えていたか、心ある人は思うべきである。(そのころの通念からすれば、どうせ「ひばり映画」だろうと、歌舞伎はもちろん映画の批評家だって、まともに見た人はおそらく、限りなくゼロに近いに相違ない。)

花柳小菊や浦里はるみと同じ舟に相乗りさせるのは、じつはなんとも不似合いだが、同じ月の訃報という一点で田浦正巳の死をここに書くことになる。たまたま知った田浦正巳の死は、新聞にも載らなかった。とんと噂を聞くこともなくなっていたが、いかにもこれは寂しすぎる。全盛期の木下恵介監督作品の常連のひとりではないか。私としては、たまたま去年、『この広い空の何処かに』と『女の園』を見たのが、せめてものなぐさめだが、脇の役をつとめるこれらの作品を見れば知れるように、田浦正巳というのは育ちはいいがへなちょこの青年が妙に実感がある。当時のライバルというなら石浜朗だが、石浜の好青年ぶりにはない屈折があるのが妙だが、この人の最も栄光ある作品といえば、これまた美空ひばりだが、昭和二十九年の松竹映画、『青草に座す』という野村芳太郎監督若き日の傑作青春映画である。美空ひばりとしても有数のものと推奨して憚らないが、ここの田浦はなかなかいい。へなちょこが、ナイーヴと変じて輝いている。

若いころの野村芳太郎監督というのは、市川崑監督ともまた違った輝かしい才気と瑞々しさに溢れていて、この作は、野村芳太郎初期の佳作としても推奨に値する。木下忠司作詞・黛敏郎作曲の『お針子ミミーの日曜日』という和製シャンソンを、十八歳位と思われるひばりが、高い声で晴れ晴れと歌う主題歌は、日本歌謡史の上からも美空ひばり傑作集の上からも、何故みんなもっと喧伝しないのかと不思議でならない名曲である。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

随談第374回 株式会社日本相撲協会・論(その2)<修正版>

放駒理事長が、八百長はこれまで一切なかったと言明し、疑惑力士の解明がすまないと次に進めない、と語ったという事実から読み取れるのは、理事長の念頭にあるのは、相撲協会は公益法人として存続できるかどうか、にあることが明らかになったということだろう。もっとも、公益法人申請のための準備委員会はしばらく凍結されたようだが、慎重な構えをとったまでであって方針が変わったわけではあるまい。しかし、すでに指摘されているように、八百長はこれまでなかったという論法は、もはや説得力を失っている。それよりも問題は、公益法人にしがみつくことが、大局から見て得策かどうかということである。玉木氏の提唱する「宗教法人化のすすめ」論も、そこに関わっている。

宗教法人という考えは、相撲の神事としての面を前面に出そうということだが、面白い案には違いないが、そうなると宗教としての内容を整備しなければならなくなり、ちょっと厄介なことになってくる。そもそも行司がいまのようなものものしい格好をするようになったのは大正時代からで、それまでは紋付に裃袴という江戸時代の町人の正装だった。いまも節分の豆まきに狩り出された時にするあの格好であり、歌舞伎俳優が襲名や追善の口上の時の格好と同じである。つまりこの変化には、相撲が国技としての体裁を整えていった過程が反映しているわけだ。すなわち、現在相撲協会が言っている意味での「国技」大相撲というのは、だから、明治末から大正以来のものでしかない。

前にも書いたように、私は、それこそ野見宿禰以来の神話伝説をもつ、いうなら民俗の古い記憶とともに育ってきたという、もっと素朴で根のある文化としてだったら、相撲は国技と言ってもいいと思っているが、やたらに物々しい格式を言い張るのには、ちと疑問を感じている。国技だなどと物々しく言うから、八百長などという「ばい菌」は存在してはならないことになって、ファジイなものを包容するゆとりを失ってしまったのだ。誰もが直感的に感じている、そして大方は暗黙に許容しているものまで、建前としては認めてはならないとする「二枚舌構造」が出来てしまったのだ。

相撲に限らず、よく、あってはならないこと、というが、じつはほとんどの「あってはならないこと」というものは一枚の紙に裏面がないことはあり得ないように、ほとんど避けがたくあることなのであり、それをあってはならないことと過度に言い張ることは、現実として欺瞞に陥る。欺瞞でないと本当に思っているとしたら、それはよほど鈍感な人であって、大概は、責任ある立場に在る者としての立場上、観念として言っているに過ぎない。今度のメールの一件で名前が浮かび上がった力士連中というのは、汚職事件が発覚した官僚や、冤罪事件で名の上った検察官などと全く同じことだと私は思っている。現に、相撲に八百長はあってはならないと主張しているのは、理事長という責任ある立場にある人か、でなければ、ワイドショーのゲスト発言者や通りすがりにたまたまマイクを向けられた街の人という、限りなく責任のない立場の人か、いずれかである。しかし真実は、その手の主張の中にはないのだ。たしかに、汚職も冤罪も「あってはならない」ことには違いないが、そのお題目を合唱して、浮かび上がった容疑者を厳罰に処したところで、この種の「あってはならないこと」はたぶん永久になくならないだろう。

もちろん、今度発覚したメールの一件のようなケースは、タチが良くないことは明らかで、相応に厳しく罰しなければならないが、だからといって、そのために大相撲そのものが存亡の窮地に立たされるような騒ぎになるというのは、公益法人という問題が絡んでいるから以外にはない。先日、NHKが放送した特集番組(これは、かなり内容がきちんとしていた)の中で、当時の二子山理事長(つまり初代若乃花である)が、親方連と力士たちに向って、厳しい口調で、無気力相撲を厳しく注意するよう促している声が放送されたが、じつに興味深いものだった。二子山は、八百長はないとした上で(つまり、建前である)、無気力相撲に対する自覚を喚起しようとしているのだが、その中で、これがもし文部省に取り上げられたらわれわれはすべてを失うことになるのだぞと、声を荒げて呼びかけている。つまり、いまと全く変らない状況が当時もあったのであり、問題の在りどころも現在と全く同じであることも分かる。私が知ってからだって、「大関互助会」」だの「横綱救済組合」だのという揶揄が、時にあったのは、いまに始まったことでなない。しかしそれと時を同じくしながら、数々の名力士好力士による数々の名勝負や忘れがたい一番があったのだ。

落語の『佐野山』の谷風情の相撲といい、歌舞伎の『双蝶々』や『関取千両幟』といい、勝負を「振る」ことに関わるところにストーリイが成り立っている。神事というなら、各地に伝わる「独り角力」というのは、神様を相手に相撲を取って、一番勝って二番負けることによって神を喜ばせるのであるという。(つまり、神様にわざと負けてあげるのだ。)江戸や大阪に勧進相撲という形で「興行」が始まったところから、今日の大相撲につながる歴史が流れ出すわけだが、それまでのさまざまな民俗的なものを含み込みながら、それなりに近代化もしながら今日までやってきた。歌舞伎が、近代化もしながら何も近代劇とイコールになってしまわなくてもいいように、相撲も、欧米起源の近代スポーツと同じになる必要はない。「興行」でいいのである。歌舞伎が、松竹なり何なりという興行会社が運営しているように、大相撲も、株式会社という興行組織が運営すればいいのだ。歌舞伎が、興行会社の手で運営されているからといって、その価値に疵が付くわけではないように、相撲だって、それで伝統が損なわれるわけではない。天皇だって、ときには歌舞伎をご覧においでになるではないか。もちろん株式会社に組織替えして運営してゆくためには、いろいろな改革や経営努力が必要になるのは当然だ。しかし、公益法人にこだわって自縄自縛に陥り、かえって墓穴を掘るよりは、相撲が相撲らしく生きていくためには、よほどその方がすっきりするではないか。(もう長々しく書いている余裕はないが、一つだけ言えば、私は部屋制度というのは必要だと思っている。)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

随談第373回 株式会社日本相撲協会・論(その1)

去年の野球賭博一件の折に既に書いたことだが、もう少し整理してもう一度ここに書くことにする。それぐらい、今度の「八百長メール」一件に始まる騒動は深刻である。報道を聞いて、私が先ず思ったのは次の二つのことだった。

第一は、八百長メールそのものである。内容もさることながら、世が世ならば天下の関取とフンドシカツギが、メールでいとも楽チンに対等な口を利いているという、デモクラチックというべきかアナーキーというべきか、このまさに当世的な光景にまず驚く。まるで白日夢を見せられているようだが、しかしこれが現実なのだ。「メール語」とでもいうべきこの気軽さ安直さ、話されている内容の重大さとの呆れるばかりの乖離。ここから読み取れることは二つある。その一、当事者にとってこれはまったく日常レベルの事柄なのだということ。その二、従って彼らに、これがどれぐらいヤバイことなのかという危機感というものがほとんど窺われないこと。彼らとて、知られてはマズイとは思っていたろう。しかし、そのマズサとは自分一身上のことだけに限られる。知られて、それがどういう事態を招き、どういう意味を持つことになるのか、まるで考えが及んでいない。(今日のニュースによると、メールに名前が出ているために調査委員会の質問を受けた中に、妻が踏んづけたので携帯が壊れてしまったと答えた者があったとか。自己保身に汲々とするあまりの想像力の欠如もさることながら、一方、新聞に報道されたアンケート形式の質問条項を見たが、あのアホラシさも相当なものだ。)

第二は、協会の対応のスタンスの取り方である。すでに多くの指摘があるようだが、放駒理事長が、八百長はこれまで一切なかったことであり、八百長と無気力相撲はひとつのものと考えると言明した一点に、すべてが集約されている。(オイオイ、いいのかな、そんな風に言ってしまって、と私はニュースを見ながら呟いたっけ。)過去における、週刊誌との訴訟問題のいちいちについて私はあまり熱心な読者でなかったから、つまびらかなことは知らないが、要するに、協会としてはこれまでと同じスタンスで、但しもっと真剣に対処しようということだろう。(放駒理事長個人の真剣さを、私も疑うものではない。)何らかの処分が下された後、週刊誌や処罰された当事者がどういう居直りを見せるのか、それも気掛かりだが、いまは話を先に進めるなら、協会のこの姿勢というのは、要するに(これも既に多くの指摘がなされているように)相撲協会を公益法人として存続させたいという、その一点に集約されていることは、誰の目にも明らかである。

と、ここまではまず差し当っての話の整理、私の言いたいのはこれから先である。(ついでに、熱心に読んで下さる方は、お手数でもこのブログの去年二月の第332回~335回と、七月の第349回(369回となっているのは誤まり)と第351回の項を見ていただけると有難い。)

玉木正之氏が、テレビで、相撲は神事としての要素が大きいのだから、この際、相撲協会は宗教法人になるべきだという発言をされたらしい。私は残念ながら、たまたまその最後の辺しか見なかったから、細部の論証は聞いていないが、かなり頷ける見解だと思った。即ち、いわゆる八百長相撲の問題というのは、相撲を近代スポーツの枠の中にはめようとするから起るのであって(しかもその場合、非常によろしからぬイメージを纏うことになる)、公益法人として認可され得るか否かという問題も、結局、その一点に追い込まれることにならざるを得ないだろう。今回のメール事件は、最も軽薄で安直な、しかしそれが故に最もドラスチックな形で、問題を白日の下に曝してしまったという意味で、ショッキングなのだが、世間の中で相撲に一定以上の愛と知識を持っている人ならおそらく察知しているであろうように、この問題は、相撲近代スポーツ化論で切り捨てるにはふさわしくない問題をはらんでおり、玉木氏の論の卓抜さはその点に触れているところにある。しかし、(さきにも言ったように、氏の論点をきちんと聞いたわけではないから反論という形は取りたくないが)、共感するところをかなり持ちながら、ちょっと賛同し切れないものも感じる。つまり、相撲は国技であるか否かという問題とも絡んでくるのだが、それは次回ということにしよう。(続く)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket