随談第351回 「国技」と「国劇」

名古屋場所も何とか終ったが(千秋楽の白鵬・把瑠都戦はなかなかよかった。把瑠都の巨体が、こらえようとしてこらえ切れずに落下するあの間合いに、相撲の醍醐味が凝縮されていた)、すべてはこれからである。このところの度重なる不祥事が報道されるたびに、オレは相撲を国技だなぞと思ってないぞ、という声を、ワイドショーの出演者などからちょいちょい聞くようになった。たしかに、ついこの間のサッカーW杯の好感度と、皮肉にも時を同じくして報道される野球賭博問題の対照は、天の配剤ならぬ悪魔の配剤のようなものだった。ところで今日の話は、国技館という名称である。明治の末に初代の両国国技館が出来た時に、板垣退助だか江見水陰だかが名付け親になったといわれるが、少なくとも「国技」という言葉がこのときに誕生したことは確かであって、良くも悪くも、いかにも明治的な発想が生んだ言葉であることは間違いない。

かれこれ二、三十年前になる。歌舞伎座の前を歩いていたら、何歩か先を行く、高齢だが、おそらく地元では名士の部類に数えられるほどの人らしいたたずまいを見せているひとりの老人と、介添えの娘さんかお嫁さんかとおぼしい中年の女性が、「ホラお父さん、歌舞伎座よ」「ウム、国劇の殿堂だなァ」と交わす会話が、耳に入ってきた。思わず吹き出したくなるのをこらえながら、おそらく明治生まれに違いないこの地方の名士らしい老人が、歌舞伎座イコール国劇の殿堂と即座に結びつけるその発想に、私はしばし感じ入った。

なるほど、歌舞伎座を国劇の殿堂と呼ぶ呼び方は確かにある。歌舞伎座自身、それをキャッチフレーズのように使っていたひと頃もあったような気もする。この言葉にも、明治の匂いが芬々としている。つまり、歌舞伎座を「国劇の殿堂」と呼ぶのと、「国技館」という名称とは、発想の上でほぼ双生児といっていい。国劇という言葉を、いつ誰が言い出したのか、考証的な知識は持ち合わせないが、大正頃からしきりに言われるようになった「国民演劇」とか「国民劇」とかいう言葉と、発想の上で通底することは間違いない。つまり歌舞伎のほかに新派だ新劇だ、といろいろな新演劇が出てきた挙句、日本人の演劇とは何か、ということを問い始めた時が誕生の時だったに違いない。(そういえば、「新国劇」なる劇団が誕生したのも大正中期である。われこそが新しい国劇なり、という発想だろう。)

「国劇の殿堂」というのはいかにも野暮ったいが、「国技館」というネーミングは、それに比べるとなかなか気が利いている。永年親しんできたせいもあるが、私も満更嫌いではない。しかし「国技」という言葉には麻薬的な毒素も含まれていることは、知っておくべきだろう。毎度言う如く、私が相撲を「国技」だと考えるのは、相撲ほどこの国の民俗に深く根差した競技はほかにないと思うからであり、だからこそ、「国技大相撲」と麗々しく振り回すのは、いかにも野暮くさい。花見る人の長刀である。

それにしても、回向院の境内で晴天十日間興行していたのを、客席ごとドームですっぽり覆ってしまうということを明治四十二年という時点で考え出したというのは、思えば大変な発想ではあるまいか。(野球がドーム球場を作ったのは昭和も末のことだ。まあ、能楽堂と同じ考え方といえるが、容量と面積が比較にならない。)土俵の屋根を支える四本柱を取り払って吊り屋根にしたのは昭和二十七年である。更に、本場所休場中に戦後初の日米野球を見に行って引退に追い込まれた横綱前田山が、こんどは高砂理事として初のアメリカ場所を先導してハワイから後の高見山を連れ帰って外人力士を誕生させて「国技」大相撲にガイジンを導き入れる道を開いたり(この高砂という人、いかにも、悪に強きは善にも、という感じがするではないか)、勝負の判定にビデオを導入したり(サッカーのFIFAはまだやっていませんね)、他のスポーツに比べても大相撲は革新的な改革を随分実行しているのだ。「国技」なのに外人力士ばかりと苦情を言う人が、大相撲の閉鎖性を批判するのは矛盾ではないだろうか?

東京オリンピックの当時、日本選手の振るわないのはプロ野球と大相撲に才能を持っていかれてしまうからだと、もったいらしく言われたものだった。砲丸投げの解説者が圧倒的な外国選手のたくましさに、向こうは大鵬や柏戸みたいな人たちばかりなんですからね、と溜息をついていたのが忘れがたい。(そういえば優勝した女子の投擲の選手に、おんな大鵬と仇名がついたっけ。)今のようでは入門志望者がいなくなると部屋制度改革を論じる声が最近高くなっているが、以前は、自分から志願して入ってくるようなのは案外大成せず、遠い田舎の貧家の少年が、東京見物をさせてやる、などと甘い言葉でなかば誘拐同然に釣り出され、夜行列車で上京してくるようなのが出世するのだと言われたものだった。中学を卒業したばかりの少年北の富士が、北海道から小豆だか大豆だかを詰めた布袋を背負って夜汽車で上京、上野駅に降り立った途端、袋が破れてプラットホームに豆沢山にぶちまけてしまったという、面白うてやがて哀しいエピソードは、さまざまなことを物語っているかのようだ。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

随談第350回 長崎ぶらぶら節

十年余りにわたって新橋演舞場の恒例だった舟木一夫公演がなくなってしまったのは残念だが、明治座の七月は、去年は五木ひろしが戦後歌謡をひとりで歌いまくるという公演があって結構楽しんだ。今年は、石川さゆりが『長崎ぶらぶら節』を再演するというので出かけた。四年前に初演したとき、ポスターの芸者姿が並みのタレント芝居や歌手芝居のレベルをはるかに抜いてサマになっていたので、ホオと思って見てみたら、ちょいといけるものだったので、以来、少しばかりファンになっていたのである。

ついでだが、舞台女優のホンモノ度を測るひとつの尺度として、芸者姿がどれだけサマになるかというのが、案外バカにならない測定値になると私は思っている。現に今度にしても、埋もれていた「ぶらぶら節」を主人公に教える老芸者を演じる小泉まち子が実に見事な芸者振りを示して、当然といえば当然だが舞台俳優として抜群の存在感である。料亭の女将役で出演している淡路惠子も、近年、その女優人生のすべてを存在感として具現するかのような、なかなかいい味を示しているが、これまた当然だが舞台俳優としてのそれということになると、小泉のようなわけにはいかないのはやむを得ない。市川翠扇子飼いの弟子として永いこと新派の舞台を踏んできたキャリアは只ものではない。歌舞伎の女形でいえば吉之丞のそれに匹敵する。

石川さゆりの芸者姿は、もちろん、そういうものとの比較にはならない。しかし、そこらの女優やタレントにそれらしい格好をさせたというのとはちょいと違う、妙な言い方だが「本物感」がある。もっとも実際に舞台に現れたところを見ると、ポスターで見て感心したほどではではないが、愛八というヒロインへの共感の深さが察しられるところに、百聞は一見に如かない真実味があるのがなかなかのものである。それに何と言っても、ぶらぶら節を実際に自分で歌えるのが、何といっても強みだ。所詮は女優ではない彼女の力をうまくカバーして、話の要点だけをつまんでゆく脚本の具合が、なかなか巧妙であるのにも助けられているのだが、西条八十に見出されてレコードにぶらぶら節を吹き込む場面の気の入り方など、繰り返しになるが役への共感が生きている。少なくとも、最近多い、構成舞台をドタドタ駆け回って絶叫するたぐいの舞台に比べれば、はるかに芝居になっている。

ところで、相撲好きだった実際の愛八がお座敷の芸として名物にしていたという「横綱の土俵入り」を実際に舞台でやって見せるが、(四股の踏み方など、腰にねばりがあってちょっとしたものである)、これは四年前の初演の折、当時理事長だった北の湖直伝で教わったもので、明治座まで教授に来てくれた北の湖が上着を脱いでセリ上がりを実際にやってみせてくれるのを間近に見ていたら、まるでアトラスか何かが地球を持ち上げるような、巨大なものを見るような迫力だった、とたしか本人が第二部のオンステージの中で言っていたはずだが、さもありなんと思わせる。あの北の湖のぶっきらぼうの魅力は、理事長としてはともかく、まさに「力、山を抜く」横綱ぶりだった。

ついでだが、序幕の「東京大角力協会」巡業の場面に「常ノ花」という幟が立っていたが、大正十一年という設定だから当時人気の大関だった筈だが、思えばその常ノ花が、前回書いた昭和三十二年前後、相撲茶屋の問題などが国会で問題になったときの理事長だったわけだ。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

随談第349回 大相撲問題―琴光喜は角界追放に値するか?

あーあ、とうとうNHKに名古屋場所の放送を中止にされてしまった。むかしの松山惠子の歌ではないが、だから言ったじゃないの、である。相撲協会は何を焦って名古屋場所開催にこだわったのだ? せっかくの外部理事連中も、何故開催に踏み切らせてしまったのだ? あれを許してしまったのでは、外部理事が入った意味はほぼ九割方、無に帰したようなものだ。理事長代行がNHK会長に放送実施を「お願い」している姿をニュースで見て、目を覆いたくなった。木乃伊取りが木乃伊になったとはこのことではないか?

名古屋場所開催を決めた時点で、相撲協会は重大な岐路を踏み違えたのだ。そもそも、あれですべてが見えてしまった。事の重大さをどの程度にしか認識していないのか、透視鏡で見るように、見通されてしまったのだ。いくら頭を下げたり、膿を出し切るだのと言ったところで、頭を下げて嵐が通り過ぎるのを待っているだけで、何も変える気はないことが、誰の目にも見通されてしまった。盲千人とはいうものの、人間のそういう直感というものは恐ろしいほど的確なものだ。即ち、世人に腹の底を読まれてしまったことが、名古屋場所開催にこだわった失態の第一である。

第二の失態は、もし名古屋場所中止に踏み切っていたら、世間の見方や世論がどう変わっていたか、読めなかったことである。いや、そもそも読もうとすらしなかったのではあるまいか? 外部理事による当事者の処分を受け入れることと引き換えに場所開催を認めさせたかのように取れるタイミングといい、協会幹部の頭には目前に迫った名古屋場所開催のことしかなかったかのように見える。名古屋場所を中止にしていたら、協会もかなりの覚悟を固めたものと、世人に示すことが出来た筈だ。よし開催に踏み切ったにしても、せめて自ら放送辞退をNHKに申し出ていたなら、幾分なりと失地回復はできただろう。だがNHKから先に中止を言い渡されてしまったことで、態勢挽回の第二のチャンスも失ってしまった。すべてが後手に回るという、実にまずい相撲を取ったことになる。(現役時代の三重の海は前捌きのうまい速攻の巧者で、渋味があって、私は贔屓だったのだが。)

外部委員による関係者の処罰も腑に落ちない。大嶽親方はともかくとして、琴光喜をやめさせる必要はあっただろうか? 軽率と認識不足の代償として、大関まで昇った力士の土俵生命をああいう形で終らせるだけの罪を犯したのだろうか? 何場所かの出場停止ぐらいで充分ではないのか? 事体が発覚して以降、協会の調べに対して嘘をついていたからというが、力士間で公然の秘密として囁かれていたのは明らかである以上、協会はそれを知らない訳はなく、自訴すれば厳重注意で済まそうという当初の方針を取れなくさせた張本人ということと、疑惑力士中最大の大物という意味から、いわば生贄にされたといっていい。しかもそれを、協会側が言うのならまだしも、外部委員である伊藤委員長までが、琴光喜は嘘をついていたから厳罰は免れないと発言していたのは、理解に苦しむ。四十年前の、プロ野球界で起こった事件とは問題がまったく違うのだ。そもそも、膿を出し切るなどと言って、野球賭博以外の、仲間内で花札をやっていたようなのまであげつらう必要などまったくなかったのだ。そこらのサラリーマンだって賭け麻雀や賭けゴルフを仲間内でやっているのは誰だって知っていることではないか。

それにしても、例によって民放のワイドショウのキャスターやらゲストやらの、正義の士ぶった発言のアホラシさもさることながら、何故やいのやいの、それほどに言われなければならないのかを、協会は考えなければならない。つまるところは、非営利団体で免税措置を受けているからというその一点に尽きる。NHKの放送中止の次に待っているのは、この問題以外にはない。昭和三十二年前後、相撲茶屋制度の問題その他が国会で取り上げられたとき以来の問題が、いままた、真剣に考えなければならない問題として迫ってきたのだ。なまじ国技だの何だのと大上段にふりかざすから、言われなくてもいいことまで言われるのであって、ふつうの興行会社として営業すれば余計な反感を買わなくてすむのだ。松竹の歌舞伎だって営利会社としてやっているのと同じである。営利会社になって相撲興行をするからといって、野見宿禰以来の神話伝説を持ち、江戸の勧進相撲から日本最古のプロスポーツとして愛されてきた伝統を、誰も疑いはしない。相撲がただのスポーツとは違う特殊性を抜きがたく持っていることも、多くの者は疑いはしない。

近年、地方巡業の回数が極端に減っているようだが、以前は、殊に夏は、東北から北海道をひと月以上も巡業して回って、それを「夏稼業」と称してその間にどれだけ稽古に励むかがその力士の今後を占うものとされていた。その間、力士たちは民宿をした。ナントカ山が家に泊まったぞ、ということが地元の人たちの名誉にも自慢にもなった。そうやって、相撲は、文字通り草の根から育ち、支持されてきたのだ。だがその陰には、土地土地の有力者・地回りといった人々との関係も生じたに違いない。われわれの子供のころの日常生活には、当然のごとく蚊やハエが飛び交い、腹の中に回虫の二匹や三匹、養っていない者はなかった。ハエはハエ叩きで殺し、蚊はパチンと手で叩き潰していた。便所(トイレではない)には汲み取りが来た。どんなお嬢様だって、ゴキブリが一匹這い出したからといってキャアキャア騒いだりしなかった。その代わり、農薬がどうの殺虫剤がどうのといった問題もなかった。それと同じことではないのだろうか?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket