随談第233回 観劇偶談(その112) 続・今月の歌舞伎から

もう少し、今月活躍の若手花形の話を続けよう。浅草歌舞伎の話の続きから始めると、愛之助が日本駄右衛門と与三郎をやっている。どうやら与三郎の方に人気が集まっているらしいが、二度目ということもあるが、これは駄右衛門の方がいい。こうした手強さが求められる役のとき、愛之助は目の上に筋が入って癇の強さが利くのと声音が仁左衛門そっくりになる。やさおとこでありながら、手強さのある役がいいところも仁左衛門と共通する。それでいて『吃又』では雅楽之助がはまり役なのだから、不思議な役者ではある。

もっとも、それを言うなら亀治郎も同じで、単に器用にいろいろな役をこなすというのではなく、それが本役であるかのようにすんなりその役柄にはまるところが大したものだ。雪姫といえば真女形しかやらない役の筈だが、つい去年一年間テレビで入道頭の武田信玄でファンになった人がこれを見たら、驚嘆するに違いない。いや、私だって驚く。(パンフレットの表紙の、黒スーツ姿の7人が並ぶ写真の坊主頭の亀治郎は、学生を引率する硬派の教師みたいだ。ところが、7人の中で必ずしも最年長というわけでもないらしい。)

愛之助の与三郎は、なかなか上手にやっているが、私はもうひとつ乗れない。もっとも、この狂言の本来の味をもった与三郎はもういなくなってしまった以上、江戸前などといってもはじまらないのだから、こういう感覚の与三郎もありと認めるべきなのかもしれない。つまり、江戸の親に勘当を受け木更津から望郷の念に駆られペペルモコをきめこんでいる与三郎でなく、京大阪から須磨明石、淡路島あたりから都恋しがっている与三郎である。

男女蔵が将監に多左衛門と親そのままの路線になりそうなのはつい笑いを誘われるが、この一座の面々を相手に相応に見えるのはほめていいのかもしれない。亀鶴が、「浜松屋」の鳶頭がよくて蝙蝠安がいまひとつなのは、この手の役がこれからの世の中、一番難しくなることを予言するかのようだ。

浅草ではもうひとつ、巳之助が「吃又」の修理之助と浜松屋の宗之助の二役で浅草歌舞伎初参加しているのに注目した。まだ教わった通りに動いているだけだが、開演前の挨拶で七之助がさりげなく笑いを取りながら巳之助の初参加を紹介していたのは、麗しき友情である。目下大阪で芝居をしている父親は『連獅子』の親獅子の心境か。ともあれ、しばらくは地道な精進が肝要。何年か後に、今度は巳之助の○○に注目、と書かせてください。

国立劇場では菊之助の小女郎狐がひとり光っている。もうひと役、五位之助兼道という生締の役もなかなか乙だ。あの分なら将来、実盛か『金閣寺』の藤吉あたり、行けるだろう。いやそれ以上に、『新薄雪物語』の葛城民部のような役がきっといい筈だ。松録も紀名虎の表裏とも、結構自分の光で光っている。いわゆる、形作ってきたというやつである。

歌舞伎座では染五郎の『連獅子』がなかなかよかった。この曲のこの役から多くのファンが思い描く子獅子のイメージに快くかなっている。決して、ベテランの多いこの一座で、鳥なき里の蝙蝠ではない。染五郎らしいセンスのよさが光っているところがいい。

と、何人もに「光っている」という讃辞を奉ったが、新年のご祝儀の気味はあったとしても、決してバーゲンでないことはまちがいない。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

随談第232回 今月の歌舞伎から 附・今月の一押し

(まずは新年のご挨拶と、大晦日から松の内までさる事情でご覧になれない状態が続いたお詫びを、申し上げます。これに懲りず、本年もよろしくご愛読ねがいます。)

さてここからが本番。東京だけで四座に歌舞伎のかかった今月、押しなべてベテランよりも若手の勢いの方が印象に残る。もちろん、雀右衛門一世一代の女五右衛門の、不可思議としか言いようのない臈たけた美のごときものもある。裲襠を脱ぎ、最後に肌脱ぎになる、その間三様に変る中で黒の衣裳のときが最も美しいところに、雀右衛門の独自の美がある。あの美しさは歌右衛門にはなかった。同じ臈たけた美しさでも、歌右衛門には歌右衛門の美があり、雀右衛門には雀右衛門の美がある。当り前の話だが、87歳の今日まで若女形として生き続けてきた、その意志の強さが作り上げた美であることは間違いない。

吉右衛門の一条大蔵卿、やっぱりいい。満足する出来である。あの大蔵卿の作り阿呆は、作の設定を遥かに越えて、人たるものの生きようを考えさせずにはおかない。團十郎の助六を見られたことも嬉しいことだった。やはりこれは百の理屈を越えて、正月の歌舞伎座で春を寿ぐための助六である。但し、以前に比べあるヤワな感じを覚えのは何の故だろう?

さて今月の一押しは、勘太郎と亀治郎である。前者の又平、後者のお徳による『吃又』はいま既に、どこへ出してもおかしくない現在の歌舞伎における一級品である。理由は要するに、義太夫物の骨法をきちんと踏まえていることにある。踏まえているからいいのではなく、踏まえているが故に、この曲に描かれている情愛を丈高く演じることができたから、いいのである。この前の吉右衛門もそうだったが、この夫婦も幕外のつまらぬ蛇足はやらない。将監夫妻ともども、本舞台できちんとキマッて幕を切る。この方がはるかに余韻が深い。

亀治郎はまた『金閣寺』の雪姫もいい。雀右衛門に教わることが念願で、その宿願を果たしての成果であるらしい。教わったことを教えた者以上に的確無比に演じてのけることは、亀治郎にはそれほど難しいことではないだろう。だが雀右衛門のあの美学は、なぞってなぞられるものではないに違いない。いやしかし、亀治郎は見事になぞってもいる。縄が切れて花道を駆け入る雪姫が七三でおこついて、鞘走った刀身を鏡にして鬢を撫でつけるその一瞬、亀治郎はみごとに雀右衛門になっていた。いや、雀右衛門になって、同時にそれ以上に、亀治郎として輝いていた。それに比べると、爪先鼠は芸としては確かだったが、こうした憑依は起らなかった。それだけ、意識がまだ先に立っていたのかも知れない。

七之助の弁天小僧とお富は、あきらかに未成品という意味では、これらと同一には並べられないが、未成品でありながら、まぎれもなく弁天でありお富であるところがいい。きょう横綱から金星を挙げたかと思うと、翌日はたいしたことのない平幕に負けたりしているようなのが現状だが、その金星が決してまぐれでないところが値打ちである。

最後に誰を挙げよう。そうだ、獅童の大膳の白面の悪の美がちょっとしたものである。こういう扮装をすると、前にも言ったが、死んだ延若にそっくりになる。獅童たるもの、決してただの鼠ではないのだ。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket