随談第168回 昭和20年代列伝(11)和風ミュージカル映画

テレビで昭和20年代の音楽映画をいくつか見た。いわばミュージカルの前駆的なものだが、それはそれとしておもしろい。

まず『銀座カンカン娘』。いわずと知れた高峰秀子娘盛りの時代の有名作だが、同じ下宿屋(志ん生と浦辺粂子の夫婦がやっている)に住み互いに憎からず思い合っている高峰と灰田勝彦が、ロメオやシラノみたいに二階と下で恋の二重唱をしたり、岸井明(明大の相撲部出身で体重30貫という巨体が売り物の、ちょっぴりハイカラなコメディアンだった)の楽士に誘われて高峰と笠置シヅ子の親友同士が銀座のクラブで「カンカン娘」を歌い踊るところなど、回顧の感傷以上に、時代の空気を知る者のシムパシイを感じざるを得ない。笠置シヅ子も灰田勝彦も全盛時代だし、高峰秀子の歌もちょっとしたものだ。『二十四の瞳』以後の名女優高峰秀子も結構だが、こういうデコの方が私にはなつかしく好もしい。ジューン・アリスンみたいな女優になりそうに見える。

それにしてもここに出てくる銀座のなんともソボクなこと。銀座のダンスホールでもみんなが当時流行のヨーヨーをやっているのもオカシイ! 監督は山本嘉次郎。

この映画での志ん生の役は新笑という一旦引退した落語家という設定で、都落ちする新婚の高峰と灰田を、祝いに『風呂敷』を一席演じながら、『勧進帳』で弁慶が延年を舞いながら義経を促して落としてやる息で旅立たせてやるのがラストになっている。志ん生は美空ひばりの『ひばりの子守唄』にも、音楽家のハイカラ紳士山村聡に親たる者の道を説いて説得するという鳶の親方の役で登場する。(志ん生が山村聡を説諭するというのがおかしい。)つまりどちらも、物語の鍵となる役どころなのだ。

その『ひばりの子守唄』だが、これがなかなかおもしろい。ケストナーの『二人のロッテ』の翻案で、ちょいとおしゃまになった14歳のひばりが、ふたりのロッテならぬふたりのひばりを二役で演じる。ひとりは山の手の音楽家(つまり山村聡だ)のもとでお嬢さん育ち、もうひとりは近所の子供に踊りを教えて生計を立てている女親(水戸光子がなかなかいい味だ)のもとで下町育ち。それが夏休みの林間学校で仲良しになり、瓜二つなところから互いに入れ替わる相談を実行に移す。

山の手育ちと下町育ち、性格も違う。じつは双子の姉妹なのだが、つまり山村聡と水戸光子が両親なのだが訳があって別れたために、互いにそれとは知らずに育ったのだということが分かってくる。で、最後に志ん生が山村聡を説得してめでたしめでたしとなるわけだが、その間に「二人の瞳」だの「お下げと巻毛」だのいろいろ歌う。もっとも音楽映画というわけではない。監督は島耕二。意外なようだがそこが「二人のロッテ」なのだ。

志ん生たちの醸し出す下町ムードもさることながら、いまとなって貴重なのは、林間学校の帰途、片方のひばりが淺川駅で途中下車すると山村聡の父親が迎えに出ている、といった東京の郊外の情景である。中央線沿線の住民は、淺川、つまり高尾で電車に乗り換えるのだ。山村聡の家は周囲の田園風景からいって国立あたりと見たが、どうか? たぶん荻窪までは来るまい。当時小学生の私は鷺ノ宮に住んでいたから、多少の土地勘がある。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

わが時代劇映画50選(その8) 『怪猫岡崎騒動』『怪猫有馬御殿』

今月の国立劇場で菊五郎が『梅初春五十三驛』の中で「岡崎の猫」をやっているのを見て、なつかしの入江たか子の化け猫映画に思いが馳せた。幸い、『怪猫岡崎騒動』と『怪猫有馬御殿』をビデオに取ってある。昭和30年前後、入江たか子が怪猫映画でカムバックした時は、往年の大スターも落ちぶれたものという風な受けとめ方がされたものだが、彼女のお陰で、私などは辛うじて、映画というメディアを通じ「化け猫の怪談」という「民俗伝承」の末端に触れることができたことになる。

「有馬の猫」と「鍋島の猫」が『加賀見山』などと同じお家狂言なのに対し、「岡崎」は唐猫の子が日本にわたってきて古寺に棲みつくのが、音羽屋の家の芸にもなった基本のモチーフである。今度の『五十三駅』もそうだが、道中物と結びついているのも郷愁を誘うなつかしさがある。昨秋演舞場で獅童がやった森の石松の大元である戦前の片岡千恵蔵の映画『続・清水港』でも、退治した化け猫の皮でコントラバスみたいに大きな三味線を作るというギャグがあった。

「有馬の猫」は、昭和38年7月に梅幸が歌舞伎座で出していて、そのときの筋書に有馬の殿様の末裔で作家の有馬頼義が、中学生のころ同級生の伊達君と、僕の家には猫騒動がある、僕の家にだって伊達騒動があると自慢し合ったという随筆を書いている。化かされの女中の吹き替えを坂東八重之助がやったのと、有馬家の抱え相撲の小野川と雷電の対決を勘弥と松緑でやったのが昔の芝居らしかった。

映画の『岡崎騒動』はこうした伝承とは無関係の脚色で、御家狂言風に作ってある。むしろ『有馬御殿』の方が、『加賀見山』丸取りの設定で、お初に当る女中のお仲(阿井美千子がまだ若くて清楚だ)だの、敵役の局の岩波(金剛麗子という恐い婆役で当時よく見た顔だった)だの、黙阿弥の芝居と共通の役名が残されている。入江たか子の役は、「たき」という側室で、尾上と同じく町家の出(八百屋の娘なので腐った野菜の匂いがする、などと嫌味を言われたりする)で武芸が出来ないために辱しめを受ける。

監督は『有馬御殿』が荒井良平、『岡崎騒動』が加戸敏。『有馬御殿』は上演時間1時間足らずの短尺物で、チャチな造りだが(杉山昌三九の殿様と坂東好太郎の役はたぶん兄弟なのだろうが説明がない、など疎漏で矛盾点も多い)、かえっていかにもB級(いやC級か)映画の面白さがあって気に入っている。試合の場と化かされの場面では、下座の囃子を急テンポにアレンジするなど、歌舞伎ネタということをわざと見せたりする遊びがある。

もっとも入江たか子の怪猫の貫録と凄みを見るためには、『岡崎騒動』の方が上だろう。王朝風の舞姿で猫になるところに、わずかに岡崎の猫の伝承の匂いがあるわけだ。黄金分割風の正統派美女だから愛嬌はないが、見立てと品があるのが絶対的な強みである。戦前化け猫女優として鳴らした鈴木澄子が、戦後月形龍之介の『水戸黄門』で怪猫をやったのも見たが、美女が化け猫に変化するという不気味さで入江たか子がまさっていた。

入江たか子の怪猫もので一番こわくて、映画としても出来がよかったと思うのは『怪猫逢魔ケ辻』だが、残念ながら再見の機会に恵まれない。どなたか、ご教示を乞いたい。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

随談第167回 今月の一押し(その9)

今回は大家を登場させよう。歌舞伎座『勧進帳』の芝翫の義経である。理由は、その古典劇ならではの芸格の高さに尽きる。

まず最初の出。「山隠す」で花道七三で振り返り、反り身になって越し方を右、左と見やる。その画然たる間。身体の線が空間に描き出す描線とその速度がもたらす陶酔感。

つぎに「判官御手」で中啓を左手にとって、右手を弁慶に向かって差し出し、中啓を右に持ち替えて左でシオレる、その一連の仕草の美しさと品格。

もう、こういう格の高い芸は、いまやこの人以外には求められないかもしれない。雀右衛門にも、富十郎にも、坂田藤十郎にも、これはない。もちろん、それぞれのよさは別にあるにしても、この画然とした、たとえば安田靱彦の描く人物像の描線のように、一本の線が少しの無駄もなく、ああでもなく、こうでもなく、いまここにあるように以外にはあり得ないような、簡素化された一挙手一等足が空間に描き出す描線の美しさは、芝翫だけのものだ。決まり事を決まったとおりにする。ただそれだけのことが生み出す、至上の美。

いつぞや、芝翫の家の押入れから発見されたという古い映像を見たことがある。五世歌右衛門が見守る前で、少年というのもそぐわないほど幼い幼年時代の芝翫が、『越後獅子』の晒しの件を踊っている。傍らで三味線を弾いているのは、何と後の六世歌右衛門である。この芝翫少年がすばらしい。画然たる間と、幼いながらも紛れのない芸品の高さである。思えば、あの天才少年のときから、芝翫の芸の本質は変わっていないのだ。これは、真似の仕様のないことであり、同時に、昔の修業をした人は違うと思わざるを得ない。

芝翫の義経を見るために歌舞伎座へ行く。なんという、シンプルで、おしゃれな贅沢だろう。そういう贅沢を、この文を読んでくれた方々にお薦めしたい。

今月の歌舞伎座には、たとえば勘三郎の『鏡獅子』がある。吉右衛門の俊寛がある。幸四郎・吉右衛門・玉三郎の『金閣寺』がある。勘三郎と玉三郎の『喜撰』がある。どれもこれも、豊穣な逸品である。国立劇場に行けば、三津五郎が二役つとめる中でもとくに破戒坊主の弁長が素敵である。しかしその中から敢て芝翫の義経を挙げたのは、一期一会という意味を、もっとも深く思わせたのは、これを措いて他にないと思うからである。

一期一会といえば、今回の芝翫について、あそこであんなことをやるのはどうのといった類いの言をなす声も聞かないではない。もしかしたら私の見なかった日にそういうこともあったのかもしれない。しかし私は、所見日がどうしたこうしたという話には一切乗らないことにしている。芝居は一期一会である。もちろん人間のすることだから、そのときどきの出来不出来はあるだろう。しかし、よく自分の見た日はこうだったが誰それさんの見た日はああだったらしい、というようなことをあれこれ詮索して楽しむかのような人もいるが、その手の話も私は聞き流すことにしている。

確認や疑問をただすためなどの目的で、二度三度見直すということは、もちろんあるが、それはおのずから別の問題である。くりかえすが芝居は一期一会。たまたま見た日、かれがいかに演じ、われがそれをいかに見たかがすべてである。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

随談第166回 観劇偶談(その77)浅草花形歌舞伎評判記

そろそろ芝居の話にとりかかろう。今月は三座で歌舞伎があるので、新聞評も浅草歌舞伎がはみだして「ステージ採点」という短評の扱いになる。その埋め合わせも兼ねて、浅草の花形たちの評判からはじめよう。

『義経千本桜』から「渡海屋・大物浦」と「すしや」を昼夜に分けて知盛を獅童、権太を愛之助、『身替座禅』を奥方だけを獅童・愛之助が昼夜で交代し山陰右京は勘太郎が通してつとめるというメニューは、浅草歌舞伎としてはかなりの重量級だが、しかしこれは英断である。初心の客が多いからというので軽いメニューで、というのは結局は当の初心の客をも逃がすことになる。熱愛的ファンが多い花形たちが、ボリューム感たっぷりの演目と格闘してこそ、ファンも本物をつかまえることになるのだ。

獅童にとっては、こんどの知盛こそ絶体絶命の生命線だと、私は思っている。もともと乏しい抽斗の中はもう底をつきかけている。昨秋の森の石松を見て、これはやばいなという気がした。何とかシガを隠せる題材を選んだまではいいが、演技がワンパターンになってしまっている。あの石松の演技は、テレビの『新撰組』と同じではないか。

歌舞伎俳優が歌舞伎の外で芝居をするとき、最低二つの条件のどちらかは達成してもらいたいと私は考えている。歌舞伎の役者って凄いんだ、と唸らせるか、それができないなら、せめて何かを盗んで帰ってくること。この二点である。転んでもただでは起きられないなら、外の仕事をする資格がない。

さてその知盛だが、まあとりあえずホッとした、というのが一番素朴な感想である。スケールの大きさを感じさせるのが獅童の長所のひとつだが、その長所がこの役に生きている。少なくとも、以前同じ浅草でやった「四の切」の忠信よりはいただける。第一に、役になっている。第二に、最後まで(それこそ初心の)観客を引っ張っていって、ちゃんと手ごたえを掴んでいる。荒削りは相変わらずだが、こういう荒削りは決して短所ではない。それに、浅草歌舞伎恒例の幕前の挨拶をつとめる獅童を見ていると、整然とした中に適当にフラもあり、スター性はなかなか捨てがたいものがある。

七之助が、典侍の局という女形の大役をやって、幼さはありながらもちゃんと役になっているのにも感心した。この辺が非凡なところだろう。

愛之助の権太はよかった。仁左衛門の指導というが、基本的には延若がやっていたやり方に更に工夫を加えたもののように思われる。しかし型の詮索などより前に、役をすでに我が物として消化しているのに感心した。手強さが必要な役の時の方が、芸が大人に見えるのが愛之助のおもしろいところだ。男女蔵の弥左衛門がちゃんと老け役になっているのにちょっと見直す。

『身替座禅』は勘太郎が曽祖父以来三代の当たり役をまずは勉強というものだが、ここでも愛之助と獅童の奥方ぶりがそれぞれ悪くない。愛之助のしんねりとコワそうな中年女性は客席の中にもいそうだし、獅童の長身でおデコで顎のしゃくれた具合が荒川静香に似ている。般若顔というのは、六条御息所以来、品格と知性ある女性の属性だから、こう言ったからといって荒川選手の悪口のつもりはさらさらない。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

随談第165回 随談随筆(その5)年賀状

新年のはじめは、ごくのんびりと随筆と行こう。ここ何年か、年賀状は大晦日から元日にかけて書くことにしている。というと、そうそう、歳末の忙しい中で謹賀新年なんてそらぞらしく書いていられるか、年賀状は何時(いつ)幾日(いっか)までに投函せよ、なんてのは郵便局の都合にすぎない、賀状は正月になってから書くのが本当だ、などと大仰に同調してくれる人がいるが、べつにそれほど理屈を立ててそうしているわけではない。

池波正太郎さんは前年の三月ごろから賀状の準備にとりかかったそうだが、たしかに、挨拶というものは相手を本位にするものであって、だから新年の挨拶は新年に相手に届くようにする方が本当だろう。とはいうものの、ようやく世間も歳末気分に染まってくる大晦日から元日に賀状を書くというのも、はじめはやむを得ずにしたことだったが、やってみるとそれはそれなりに、真実味があって悪いものでもない。

賀状の形式は久しく、「新春御慶」とすこし大ぶりに、その下に、これは年ごとに正月にふさわしい俳句をこさえて、あとは住所電話番号に夫婦連名、その間に空白を広く取るように印刷したのを、毎年定型にしていたが、昨年は喪中であったのと、私自身の身辺に変化が生じた最初の新年でもあったので、「新春御慶」は寒中見舞いの挨拶にし、身辺の様子を知らせる文章をつらつらと書く、という形式にしてみた。

わたくしごとを長々と書くのはなんとなく気恥ずかしいような気がして、これまでしなかったのだが、頂戴する賀状の中に、毎年身辺のことを巧みに知らせてくれながらお人柄まで偲ばれて、あゝ、こういうのもいいものだな、というのがあって、そこから思いついたのだった。やってみると、お人柄はともかく、いつもよりなんとなく、反応があったような気配がある。そこで、「新春御慶」は復活して、今年もそれ式にしてみることにした。

「御慶」はもちろん落語の『御慶』の真似をしてみたいからだが、そのままだとちょいと気恥ずかしい。と思っていたあるとき、良寛展が三越であったのを見に行ったら、良寛の賀状に「新春御慶」というのがあるのを見つけて、頂戴することにしたのである。

例年は紅白歌合戦を聞きながら書き始めるのだが、今年は少し早めに身辺が片づいたので、午後から始めることができた。思いついて、落語のCDをかけた。ふだん原稿を書くときはクラシックにせよシャンソンその他にせよ、音楽を聴きながらということが多い。落語はやはり言葉だから、原稿を書きながらというには、ちょいと差し支える。しかし賀状の名宛を書きながらには、これはまことに快適である。

桂文楽の『富久』がなんといっても歳末にふさわしい。つぎに馬生の『お富与三郎』の「島抜け」を聞く。これは元の新橋演舞場の畳敷きの稽古場で三日続きでやったときのライヴで、私はこのとき三日通い詰めて現物を生で聴いている。堪能した。話を聴くというのはこういうことなのだ、と改めて思い知った。円生の『三十石』を聴く。彦六なんかにならない頃の正蔵の『年枝の怪談』を聞く。どれもかつて聴いたものばかりだが、いま聴くとこれほど凄いのかと、唸った。

年賀状はやはり大晦日に限る、か?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

随談第164回 2回目の新年(ごあいさつ)

あけましておめでとうございます。

このブログも2回目の新年を迎えました。大晦日ぎりぎりの時点でのアクセス数が44303、一年前の同じ時点で9104でしたから、尻上がりというよりも、段階的に増えていく様子が、数字の上からも実感できます。数字は反響のバロメーターでしょうから、一度でも二度でも読んでくださった方には、ましてリピーターになってくださった方には、御礼を申し上げなければなりません。まさしく、お陰様、です。

もちろん、数字さえ多ければいいというものではない。一度数字が増えると、ついいつもそれを求めるような気持になったりする。こういうことを書くと数字が跳ね上がる、などといったことが読めるようになったりする。それは必ずしも悪いことばかりではないが、しかしそればかりを考えるようになったのでは、何のためにこのブログを始めたのかわからないことにもなる。数字にかかわりなく、書きたいこと、書かなければならないことも、当然、あるわけです。しかしいつとはなしに、少し型にはまってきたかな、という気もします。

「随談」というタイトルをつけたのは、随想とか随筆とかいうのをもう少し自在・自由に、という心からでしたが、「観劇偶談」とか「スポーツ随談」とか、サブタイトルをつけたのは、なるべく話題を多岐にわたらせたいという考えからです。去年から「時代劇映画50選」だの「昭和20年代列伝」だの「隋談随筆」だのと、新しいシリーズをぼつぼつと始めたのもその考えからですが、本当はまだまだいろいろアイデアというか、書きたいテーマはあるのです。しかしブログばかり書いているわけにもいきませんから、タイムリーなものと、時勢にかかわりないものと、適当にミックスさせながら、ということにならざるを得ません。

それにつけても、10月末に「新庄剛史小論」というのを書いて、忙しさにかまけて半月ばかりそのままにしておいた間に、アクセス数がそれまでの倍もの勢いで跳ね上がっていたのには、フームと唸りました。この辺が、ブログが生き物だというオモシロサであり、オソロシサなのでありましょう。

ともあれ、これが新年のご挨拶がわり、今年もよろしくご愛読ください。できたら、ご吹聴ください。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket