随談第291回 ハテナの断罪

草彅クンの騒動も、どうやら不幸中の幸いというあたりに荷を下ろして落着しそうな気配だが、(と書いたところで、逮捕した赤坂署に爆弾を送りつけたとかいうニュースが入った。なるほど、そういう展開もあるわけだ)それにしてもこの一件でおのずから露呈したのは、ひとつはこういう人気者または超有名人に何かことがあったときの世間、とりわけマスコミの過剰反応ぶりと、もうひとつは、いわゆる不祥事というものに対する「公け」というものの対処の仕方の画一さだろう。

もっとも、朝のワイドショーの放送中に飛び込んできた第一報は、公然猥褻で逮捕というのだったから、どこかの国の発射したミサイルが国内のどこかに落下したかのような物々しさになったのも、まあ仕方がなかったかもしれない。実際に女性に卑猥な行為にでも及んだのかと思うのは自然な話で、むしろ罪は警察の発表の仕方やタイミングの方にあるのは、すでに大方の指摘の通りといえる。その後、一面のトップ記事にした新聞があったり、最低の人間と広言した大臣が翌日には発言をトーンダウンしたり、といったドタバタも、まあ、こういう時によくいうように、平和な国のアリガタサの表れといえないこともないかも知れない。が、それにしても、ちと大人げがなさすぎた。

幸い、その後ひと呼吸遅れて世間一般の声が聞こえてくると、バランス感覚が健全に働いているのがわかって、まずはひと安心だが、それにしても、公然猥褻といっても、カレの裸体を実際に見たのは、逮捕した当の警察官だけなのだから、べつに誰も被害を蒙ったわけではない。警察だけに限ったことではないが、こういうときの対応の物々しさというのは、どこかに、お仕置き的な発想の匂いが感じられなくもない。

もうひとつ気になるのは、カレの出演しているCMのたぐいを即座に引き上げるスポンサーの対応の過剰な敏感さと画一性だ。臭いものに蓋というのを、絵に描いたよう。誰かも言っていたようだが、一社ぐらい、わが社はクサナギの出ているCMを引っ込めたりしないぞ、という会社があってもよさそうなものだが。それにしてもこの素早さというのは、一体、何なのだろう? 本当にカレをケシカランと思ってそうするのなら、まあ、それはそれで筋が通っているとも言えるが、おそらくそうではあるまい。大変な損害の筈だが、それをも厭わずに放映を中止にするのは、身の潔白を誇示してみせるため以外には、理由は考えられない。その酷薄さは思えば不気味である。

食品会社が賞味期限や産地をごまかしたりして、発覚すると社長以下がずらりと並んで頭を下げる。これも、とにかくあやまるに如くはないか謝っておこうという画一主義のあらわれで、あんな不見識で嫌な光景もない。前にも書いたが、伊勢の赤福が餡を練り直して賞味期限を先延ばしした事件のときなど、そもそも賞味期限などという妙なものについて考え直すアピ-ルをする絶好のチャンスだったのに、経営者にそれだけの見識も才覚もなかったと見え、ただ嵐が過ぎるのを待つように頭を下げていた。煎じ詰めれば、謝る方以上に謝らせる方も、何故、何を謝るのか、あやまらせるのか、誰も問おうとしていない。空洞化しているのだ。近頃は、さあ、こうしてあやまったんだからもういいでしょ、と言わぬばかりの態度をぬけぬけと誇示してみせる、ナントカ協会の理事長のような厚顔もちょいちょい見掛ける。アタマのいい彼等は、そこらをとっくに見通しているのに違いない。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です