随談第355回 ささやかな収穫、二十年代回顧のための

池袋の新文芸座と神保町シアターに折がかなえば見に行くようにしているのは何度も書いた通りでが、この夏はささやかながら予期せぬ収穫があった。

八月の初旬に新文芸座で内田吐夢の特集があったので初見・再見ともに幾つか見た中に、『大菩薩峠』の第二部をこれは封切りの時以来五十二年ぶりの再会だったが、映画そのものよりも、お玉の役をやっている星美智子が幕間のトークショウに登場して、これが実に面白かった。じつは密かに期するところあって、他の都合を差し繰って出かけたのだがこれが予期以上の大当りだったわけだ。現役時代はちょっとべちゃべちゃした感じがあってさほど好きという感じはなかったのだが、案外、ああいう人の方がいい婆さんになっているのではないかと読んだのが、当ったのだ。八十歳というが、なかなかチャーミングな銀髪の老女になっていた。このお玉に限っては、入神といってもいい好演だったのを、今度改めて再確認した。

劇中、相の山節というのを弾き語りする場面がある。映画でもいいが、トークショウでも、三味線なしで唄ってみせたが嫋々として相当なものである。良き耳の保養であった。もともと、たしなみとして祇園で常磐津を教えている人に習っていた、と語るのを聞いて思い当たった。一昨年の夏、縁あって祇園の一力で半日、常磐津を聴く機会に恵まれたことがあった。祇園で常磐津といえば、元は新橋の芸者で関東大震災の折、京都へ移ってそのまま居ついたという常磐津都師の都流に違いない。新橋時代は、六代目菊五郎の地方をつとめたという名手であったという。ご本人は既に亡いが、一門はいまも栄えている。(興味のある方はこのブログの2008年7月29日の項をご参照下さい。)つまり星美智子はちゃんと本格の芸を学んでいたのだ。むかしの時代劇女優のたしなみというものか。

なかなかの話し上手で他の話も面白かったが、ちょうどお豊役で共演している長谷川裕見子死去の報があったばかりだったので、その話も出るのではないかという期待もあった。ビッグスターの逸話は伝わるが、こういうクラスの女優の話というのはあまり知る機会がない。だが実は、映画好きが一番繁くスクリーンで接し、親しむのは、むしろこのクラスの俳優たちなのだ。

もうひとつは、神保町シアターで『エノケンのとび助冒険旅行』に巡り会ったことで、昭和二十四年のこの映画は、当時小学校の映画見学として行列をつくって映画館まで見に行った以来の再会である。いつか巡り会いたいと思っていたのを果したわけだが、お福ちゃんという女の子が見世物小屋でロクロ首の見世物にされてしまうところと、一ツ家の鬼女の場面と、小学校低学年で見たこのふたつの場面は、その後の私の人生に大きな影響を与えている。早い話が、歌舞伎の批評など書くようになったのも、このことと決して無関係ではないと自覚している。

というわけで『とび助冒険旅行』ももちろん結構だったが、ついでに同時上映の『三太と千代の山』を見たのが思わぬ余禄以上の収穫だった。20年代から30年代にかけて人気のあった「三太物語」というラジオドラマの映画化だが、私はあまり熱心な聞き手ではなかったから、昭和二十七年製作というこの映画も未見だった。ただ題名から、たぶん千代の山も出るだろうから、というだけの興味で見たのだが、何とこれが、日本相撲協会の協賛で、千代の山だけでなく出羽ノ海部屋一門の総出演だったのだ。芝居をするのは千代の山だけだが、結構セリフもある。封切は二十七年となっているが、おそらく撮影は二十六年の秋ごろと思しく、そうだとすれば、千代の山は新横綱に昇進間もないころで、だからこそこういう映画があり得たのだ。今日の常識的な名横綱列伝には数えられない千代の山だが、実は戦後の大相撲で最初に脚光を浴びた新スターは千代の山だったのだ。

さて、この出羽の海一門の一行が、相模川の上流の道志川のほとりと設定されている三太たちの村に巡業にやってくる。広場に土俵を作り、見物は草の上に座って見るという光景だ。栃錦が(当時関脇であろう)若い者に稽古をつける光景が相当な迫力で映し出される。土俵を囲んで、大起がいる、鳴門海がいる、出羽錦がいる羽島山がいる信夫山がいる。千代の山から三太に秋場所の切符が送られてくる。(ストーリイ上では三太は行けないでしまうのだが)本場所の、これは実写が映し出される。何と千代の山と照国の一戦ではないか。勝負がつくところは(照国の名誉のために)出てこないが、表彰式の場面があって、当時の(元常ノ花の)出羽の海理事長が優勝杯を千代の山に渡し、元双葉山の時津風が優勝旗を渡す。元栃木山の春日野理事や元清瀬川の伊勢ケ浜も映っている・・・というわけで、もっとも、今回のブログを読んで共感してくださる向きは十人にひとりもいないだろうが、その回の場内も、観客は十人いるかいないかという閑散としたものだった。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です