随談第438回 新漫才・おもだかやおめでたや(PART Ⅱ)その3

八五郎:そろそろ新猿之助について聞きたいですね。『四ノ切』と『ヤマトタケル』と、先代の新旧の極め付けを披露の演目に選んだわけですが。来月の『黒塚』が初代猿翁以来の澤瀉屋のシンボルとすれば、頂点ばかりを刃渡りするようなものですね。

家主:今月の二役はどちらも立派なものだったと思うよ。偉いのは、どちらも、先代に学びつつ既に自分の色に染め変えていることだね。源九郎狐もヤマトタケルも、先代のようにテーマを全面に押し出し更に自分とダブらせて、この狂言は、この役は、こういう芝居こういう役で、こうこうこういうテーマなんですよ、と押しつけてくるということをしない。その分、狐が親を慕う情愛や、タケルの哀しみが素直にこちらに伝わってくる。見ているこちらも、「天翔ける心」なるお題目にタケルと自分自身を重ね合わせて、さあ、また共に戦おう、などと猿之助哲学を聞かされて辟易したりせずに、素直に受け入れることが出来る。良くも悪くも、先代という人は夾雑物がたくさんあって、まあそれが魅力といえば魅力だったともいえるが、いつも所信表明演説を聞かされているような気分になったものだが、それがない。もちろん亀治郎にも、「カメカメ・スペシャル」風の夾雑物、イヤサ哲学がかなり濃厚にあるのだが、さすがに今度は神妙に勤めているから、あまりうるさくない。若いころは女形と目されていたものだが、それがいまも生きていて、タケルを演じるのに有効に働いている。ヤマトタケルは女だった、ではないが、このタケルは非常に女性的だね。というより、両性を具有している感じで、それが局面局面で男女両面が陰になり陽になって働くのが、効果的だし面白い。

八:亀治郎って、小冠者ですよね。その感じが、タケルの生きざまにうまくマッチしたんじゃないでしょうか。

家:巧いことを言うじゃないか。伊吹山の征伐に赴く前にタケルが、何ほどのことやあらんと言って草薙の剣をミヤズ姫に預けるところがあるだろう? つまりあそこが梅原哲学猿之助哲学に言う傲慢の病のあらわれなわけだろうが、亀治郎は、いや失礼、猿之助はそこに不思議な実感があった。つまり八っツァンのお説を拝借するなら、小冠者の生意気であり小気味よさであり、というわけだ。父と子の関係というのは、志賀直哉やツルゲーネフを持ち出すまでもなく(註・このところ猿之助風)文学上でも永遠のテーマだが、父帝との和解というテーマが、先代よりも自然に生きていたのも、小冠者故ともいえる。先代のタケルはあくまでも英雄で、別に父と和解などしなくても生きていけそうだった。それが白鳥になって「天翔ける心」なんて言い出すと、ああやっぱりこの人はこのセリフが言いたくてやっているんだ、なんて思ってしまうところがあったが、あそこも、先代よりも素直に聞けた。

八:熊襲タケル兄弟や、相模のヤイレポ、ヤイラム兄弟に対するスタンスの取り方も、先代より明確だったと思います。

家:そこにも、さっき言ったことが通じているね。つまり先代のタケルほどの大英雄ではないから、これら旧文明の人間たちに対してもどこか対等でしなやかなところがある。もっとも、ここは脚本がもうひとつ明確に書いていないからちょっとあいまいなところがあるのだが、鉄と稲の文明をもつ帝とその使命を帯びたタケルが、これらの旧文明の人間を征伐するのを、作者はよしとしているのか、それともそこに疑問を呈しているのか、暗示に留めているのか、もうひとつ判然としない。タケルのしたことは、人間としてすぐれた旧文明人を滅ぼす帝の手先でしかなかった、とまでは言っていないのだね。滅ぼされる方も、弥十郎の熊襲兄タケルはスケール大きく役者ぶりにも独特のユーモアがあって、小賢しい新文明人よりいかにも大らかな感じがしてよかったが、東国のヤイレポ・ヤイラム兄弟の方は、することも策略的であまり感心するほどの連中とも思えない。もっとも、新中車の帝の扮装は、これまでの誰の帝よりもいかめしくて、おっかなそうで、悪が利いているように見えなくもないが。

八:何だか鍾馗様みたいでしたね。

家:役の上だけのことから言うなら、中車には、帝などより熊襲タケルかヤイラムをさせたかったね。その方が柄から言っても、演技の質から言っても、ふさわしかったろう。

八:でも、小栗栖の長兵衛だけでも大変だったのに、いくらなんでも無理ですよ。やるならヤイラムでしょうけど。ところで猿之助は来月の『黒塚』はどうでしょうね。

家:勝手な予断を持つのは禁物だが、踊りとしてはきっと上手く踊るだろうが、仁からいうとあまり適役とは思えない。少なくとも、初代・二代とはひと味違った『黒塚』になりそうな気がするね。

八:中車も『将軍江戸を去る』の山岡という試金石ですし、猿翁さんは猿翁さんで『山門』の久吉をやろうというんですからね。大丈夫なんでしょうか。セリフもさることながら、小柄をサッと受け止められるか心配だなあ。波瀾含みなんて言ったら叱られるかしらん。

(PART2はこれ切り。PART1は昨年10月10日付。)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です