随談第8回 上村以和於野球噺(その2)

メジャー・リーグから帰った人に興味がある、とこの前書いたままになっている。

みずから先駆けをした野茂はまだ頑張っているが、吉井とか小宮山、近頃の高津のように、日本でさんざんやって、あと残った力をメジャーで試したい、というのが、ひとつのタイプとしてある。高津はまだ向こうで奮闘中だが、こうした場合、力がまだどのぐらい続くかという残酷な条件と絶えず直面しながらプレイをすることになる。もちろんそこには、プロフェッショナルとしてのプライドの問題もあるし、自分の限界をどう見極めるかという、仕事をする人間として一番厄介な問題がその背後によこたわっている。そこのあたりが、私には興味がある。

で、向こうでの活躍のほどはみなさん先刻ご承知として、私の興味はそのあと、つまり帰ってきてからである。

小宮山などは一度やめたあと、という難しい条件が付け加わった。この人は、テレビに素顔で出演しているときの風貌や語り口を見ても、どこかの企業のエンジニアみたいで、一流選手でありながらはみ出した部分があるのが面白い。清原のように、他人もそれを期待し、みずからも求めて、「野球バカ」に自分を仕立てていくのと対照的なキャラクターである。(野球バカは野球バカで私は決して嫌いではないどころか、あらまほしきナントカバカこそが、ジャンルを問わず最も理想的なあり方だと思っている。清原の場合は他から求められるイメージに縛られる自分に、自身がどれだけ気がついているかが、余計なお節介だがちょっと気になる。)そういう小宮山が、敢えて(客観的には実はすでにかなり難しそうに思われた)メジャー挑戦をし、帰ってからも若干じたばたしたところに、私には驚きと感動があった。源三位頼政の挙兵みたいに、自分を計算できる頭脳と客観性をもちながら、あえて「愚」を冒した人のように、私には見える。そこがいい。

吉井は小宮山に比べれば、もうすこし「野球バカ」的な要素があるのかもしれない。もっともそれは単に見た目だけのことに過ぎないのかもしれない。いわゆるクレバーな野球をする選手であることは共通している。この人はメジャーでももっと若ければもっと活躍できたかと思わせる業績を残したが、帰ってからも、力の衰えは隠せないながらいまなお執着を見せているらしい。そこに私の興味がある。あの吉井が、だからである。

いわゆるきれいな引き際というのがある。そうしてたしかに、みごとな引き際というものが実在するのも事実だ。大きな決断には当然ある種の計算はあるわけだが、その計算が透けて見えると、形の上では「みごとな引き際」である筈のものが、一向にそうは見えなくなってしまうことが多い。「みごとな引き際」があるなら「みごとな野垂れ死に」もあっていいわけで、結局はその人の「仁」にあった「引き際」ができるかどうか、ということになる。ちなみに「仁」とは歌舞伎の用語で、もって生まれた自然な自分と、みずから鍛え上げた自分との融合の上に生まれる「もうひとつの自分」のことである。(つづく)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です