PR 歌舞伎学会オープン研究会「歌舞伎における明治―散切狂言の可能性」

10月23日(日)13時半 国立能楽堂大講義室(JR千駄ヶ谷駅下車、徒歩5分)
(終了予定:16時半)

パネリスト  大笹吉雄(大阪芸術大学教授)
       神山 彰(明治大学教授)
       上村以和於(演劇評論家)

7月23日におこなったオープン研究会に続く第2回。今回はもっと視野を広げ、散切狂言が現代歌舞伎に持つ可能性まで、縦横に語り合います。はじめての方もどうぞ。

会費:1000円

参加は当日会場でも受け付けますが、事前申込みはハガキで下記へ。

申込み先:〒362-0063 上尾市戸崎1-1 聖学院大学日本文学科井上伸子研究室

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です