随談第157回 昭和20年代列伝(その9)ひばり三絶(3)

美空ひばり三絶の残る一曲は「お針娘(はりこ)ミミーの日曜日」である。『伊豆の踊子』と同じ昭和29年の野村芳太郎監督の松竹映画『青草に坐す』の主題歌、作詞木下忠司、作曲は黛敏郎、この時代の黛敏郎は才気とウィットに加え軽快で垢抜けた若々しさが抜群だった。映画音楽も数多く手掛け、松竹女優の桂木洋子と結婚したのもこの頃だったと記憶する。わけてもこの「お針娘ミミーの日曜日」のハイカラ感覚は水際立っている。バタ臭いことがこんなにも格好いいというのは、それだけでも稀有なことだ。

木下忠司の作詞がまたいい。1コーラス目の冒頭が「六日も空を見なかった、六日も土を踏まなんだ、だからミミーの日曜は、リュクサンブールに幕が開く」、2コーラス目は「お針娘ミミーはパリジェンヌ、ダニー・ロバンが大好きで、白い晴れ着がよく似合う」、3コーラス目が「モンマルトルのカフェーで、ちょっと真似してカルヴァドス、見たよな殿御と思ったは、ジェラール フイフイ フィリップ」という、いってみれば歯の浮くような「お巴里・お仏蘭西」ぶりなのだが、これが黛の曲に乗ると女の人生の一断面を卓抜に切り取ったかに聞こえるところが心憎い。(それにしてもダニー・ロバンだのジェラール・フィリップだのという名前がまさに1950年代である。)

そうして、ひばりがじつによく歌っている。同時期に「伊豆の踊子」とこの「お針娘ミミー」と、対照的でもあるふたつの傑作を放っているのは、すなわち、この1954年こそが彼女のもっとも輝かしい季節である証左なのだ。ひばりと二歳違いで当時高校生だった私の兄が、何を思ったかある日突然、音楽はバッハと美空ひばりに限ると言い出してラジオをかけまくっていたので、バッハと当時のひばりの歌はいやでも耳に入っている。これもある種の反面教師だろう。(ここでひとつ訂正。前回の「伊豆の踊子」の歌詞にもうワン・フレーズあったのを書き忘れてしまった。すなわち前回紹介した歌詞の後に「おらが親さま離れていても、今度逢うときゃ花も咲く」と続くのである。)

思うにひばりという才能の本質は、一言でいうなら「おしゃま」というところにある。

おしゃまとは要するに女の子の才気のコケットリイだから、当然、嫌味に通じる半面も持っている。売り出したころ、サトウハチローから小生意気な小娘と批判されたのも尤もともいえるのだ。それがこの昭和28、9年ごろ、ちょうど花の乙女の季節にさしかかって、早熟の天才少女から蝉脱していろいろな可能性を秘めていることを見せ始めた。様々な可能性を感じさせることそのものの哀切さ。後年のひばりがいかに国民的大歌手であろうと、所詮それは、このときの予感の中にあった可能性の中の一筋でしかない。そのことを知っている現在から振り返るとき、それは人生そのものの哀切さとなって感じられる。

ところでこのパリのお針子の青春の哀切を謳った主題歌を持つ『青草に坐す』という映画の物語は、別にパリとは関係がない。山の手のアッパーミドルの家庭に育った高校生のイニシエーション・ドラマなのだが、相手役の田浦正巳、先生役の大木実、姉の桂木洋子、さらには笠智衆その他の大船調映画の栄華の極みの空気を伝える俳優たちを駆使して、若き野村芳太郎が溢れる才智を傾けた佳編である。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です