随談第205回 NNTドラマ・スタジオ試演会

NNTドラマ・スタジオとは一昨年2005年にスタートした新国立劇場演劇研修所のことである。その一期生による試演会が新国立劇場の稽古場であるというので見てきた。演目が久保田万太郎の「あぶらでり」と「かどで」だというのも、興味をそそられた一因である。今回が二回目で、見なかったが五月に行なわれた第一回試演会では『音楽劇 三文オペラ』だから、いろいろなものをやっていくのだろう。講師の連名を見ると、中村又蔵や中村京蔵などの名もあるから、かなり多彩というか、間口の広い教育をしているようだ。

久保田万太郎を試演会の演目に選ぶというのは、狙いはどこにあるのだろう。どの程度、どういう風にやるか、という興味とならんで、そこらのことも確かめてみたかった。考えられ理由は、ひとつは言葉であり、風俗のリアリティである。

最近の各種の舞台を見ていて、個々の成績はさておいて、一番気がかりなのは、演技のリアリティとは何か、ということである。実感とか臨場感とか存在感といった言葉が、批評の言葉としてよく使われる。他の言葉で言い換えようとしてもにわかに適切な表現が思いつかないという意味で、便利だから私も使うが、じつはこれほど、分かったようで分からない言葉もない。少なくとも、書き手と読み手の双方が、間違いなく伝え、理解した上で、これらの言葉が用語として使われているかどうか、じつはかなりあやしいような気がする。当然、同じことは演技をする側についても言えるはずだ。

もうひとつ心もとないのは、舞台俳優としての発声ということである。帝劇とか新橋演舞場とか明治座のようなところで見る、いろいろな演劇ジャンルからの俳優を集めてひと興行を行なうような芝居を見ていると、主演者たちの「声」がじつにまちまちなのがいつも気になる。地声で声を張り上げているような声を聞くこともしばしばだ。いわゆる新劇俳優とされている人たちにしても、それに変わりはない。

まるで新宿駅の構内を歩いているのと本質的に変わりのないアナーキーな今日の演劇状況を思えば、こんなことは当り前のことには違いない。なんらかの方針なり原則を立てようとすれば、議論百出になるのは見え切った話だ。が、それにしても・・・

新国立劇場が演劇研修所を作って研究生を募集して、俳優養成をする。とりも直さず、いま言ったような問題に、第一歩からぶつかるに違いない。どういう風にするのかな、というのが、私の興味の根幹にあった。演目が久保田万太郎と聞けば、なおさらだ。無手勝流は受つけない戯曲の世界がそこにある。演出は西川信廣、常識的に考えて、まず妥当だろう。おもしろいのは、『かどで』の印伝作りの所作指導は当然だが、『あぶらでり』の和裁にも指導がついていることだ。講師は本山可久子。妥当な人選だろうが、なるほど、ヒロインのおみつが裁縫をするのも、印伝の職人が仕事をするのも、現代の若い研修生にとっては、同じレベルのことなのだ。

といったところから地ならしを始めての今回の試演、ということを思えば、出演者たち、関係者の努力のほどは察するに余りある。ダメ出しみたいなことを言い出せばいろいろあるにせよ、『忠臣蔵』両国橋引揚げの場の服部逸郎ではないが、旭日いまだ地に落ち給わず、といってもあながち過言ではない。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です