随談第251回 観劇偶談(その116) 澤村藤十郎の特別公演

季節の逆戻りしたようなうすら寒い日だったが、その一夕、紀尾井小ホールで澤村藤十郎が、十年前脳梗塞で倒れて以来はじめて、公の舞台に出演する公演があった。『平家物語の夕べ』という、この日で十七回を数える公演の一環としてであったが、「澤村藤十郎舞台復帰に向けての特別公演」と銘を打ってのこの公演には、もちろん、格別の意義がある。

ちょうど十年前の1998年の夏、わずかな閑を得て海外に憩った戻りの藤十郎が、成田から自身ハンドルを握っての帰途、突如記憶を失って、以来いまも、その二十日間は空白のままだという。三十を越える病院を尋ねたが、命は保障しても舞台は引退をという医師もあったと聞く。ちょうどそれは、五十代から六十代という、役者として最も実り多い季節を迎えようとしている時だった。無念の思いは察するに余りある。それを克服し、乗り越えようとした藤十郎の不屈の意志の強靭さもまた、驚嘆に値する。

たまたま私は、それから二年後、『21世紀の歌舞伎俳優たち』『新世紀の歌舞伎俳優たち』という姉妹のような二冊の本を出す機会に恵まれた。前者は、当時の『演劇界』に一年間連載した俳優論を主軸にしたものだったが、幸い好評だったので今度は書き下ろしでもう一冊ということになった。誰を書くかの選択は、すべて私の一存にある。藤十郎が病に倒れ、難しい状況にあることは知っていたが、私としては当然、対象とする約二十人の中に藤十郎を数え入れた。姉妹編二冊で当代の代表的な歌舞伎俳優を論じようというのに、この人を数えないことははじめから念頭にないことだった。

当然の礼儀として、趣旨を説明し了承を貰う手紙を一人ひとりに充てて書いた。藤十郎から電話があったのはほんの数日後だった。それまで、個人としての接触はまったくなかったにも拘わらずである。冬晴れの一日、藤十郎の住むマンションの見晴らしのよい一室で、病に伏してからの経緯と再起を目指す心境をつぶさに聞いたときのことは、『新世紀の歌舞伎俳優たち』に書いた通りである。その後、私が司会役をするシンポジウムに出席してもらったこともあった。プロデュースや演出に非凡な才能を持つ藤十郎が、直接舞台には立たないながらも、そうした方面の仕事を精力的に行なっていることは、知る人は知っていよう。今度の『平家物語の夕べ』も、そうした活動の中から生まれた仕事だった。

正味三時間に及ぶプログラムの中で、『俊寛』を映像作品にしたDVDからの一部が上映されたが、それも、演出家としての藤十郎の作品である。秀太郎、段四郎、三津五郎といった人たちが出演している。今度の公演の眼目である『赦(ゆるし)文(ぶみ)』の件の朗読も、実はすでにDVD作品として藤十郎みずから出演したものを、実際に舞台で演じようというのだった。

演技はすぐれたものだった。朗読といっても単なる本読みではなく、作曲の杵屋勝国、作詞の望月太喜雄以下の出演で、舞台芸術としての演出もきちんとなされている。何よりも感服し、また嬉しくも思ったのは、藤十郎が実に素晴らしい声を聞かせてくれたことである。「地」を語るだけでなく、清盛、重盛、教盛という人物たちを「コトバ」として演じるのだ。それは、十年のブランクを感じさせないというだけでなく、その間に培い、深めた、人としての藤十郎の成熟と、役者としての藤十郎の成長をも物語るものだった。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です